ソフトウェア開発の必須アイテム,BTSを使ってみよう

第4回 Mantisの導入

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今回は,メジャーなBTSの中でも日本で人気のあるMantisを取り上げます。

Mantisとは

Mantis(マンティス)は,Kenzaburo Ito氏が開発したWebベースのバグ管理システムで,現在はMantisチームにより開発,メンテナンスされています。PHPでできており,PHP,Webサーバ,MySQLがあれば,Windows,OS/2,Mac OS,UNIX互換OSで動きます。

Mantisの公式サイト

URL:http://www.mantisbt.org/
Bugzilla同様多くのプロジェクトでの導入実績があります。

sogabe氏による日本語版の情報サイト
URL:http://www.alles.or.jp/~sogabe/mantis/
日本語版デモサイト
URL:http://bacons.ddo.jp/mantis/main_page.php

Mantisの特徴

Mantisは,日本語の情報が多いうえに簡単にインストールできる評価用パッケージなどもあり,比較的導入しやすいBTSです。

インストールが比較的簡単
セットアップ時のメッセージを丁寧に出してくれるなど,他のBTSと比較してインストールが楽です。InstantMantisというWindows環境に簡単にインストールできる評価用パッケージもあります。
日本語の情報が多い
Bugzilla,Tracなどと比較して日本語の情報が多く,導入しやすくなっています。BTS導入の際は日本語のドキュメントの不足がネックになることが多いのでありがたいことです。とくにsogabe氏の功績は大きいものと思われます。
豊富な機能
機能が豊富で,BTSとしておよそ思いつく限りのことはサポートされています。SubversionやWikiとの統合もできるようになっています。
Excel,Word形式でエクスポート可能
Excel,Word形式での出力があるので,ドキュメント作成の必要がある場合に便利かもしれません。
投票(資金提供)システム
投票(資金提供)という,懸賞金もしくは寄付金額のようなものをチケットに追加していくおもしろいシステムがあります。

Mantisの弱点

Mantisは総合的に見てお勧めしやすいBTSですが,気になる点を挙げてみたいと思います。

ごちゃごちゃとしたUI

BTSは設定項目が多いので自ずと煩雑な画面になりやすいツールです。中でもMantisは特にごちゃごちゃしている印象があります。不要な項目を折りたたんで表示することができるのですが,使い勝手としてはあまり良くありません。慣れないうちは項目の意味に戸惑うことも多いかもしれません。

連携するツールなど

Mantisにはさまざまな連携ツールがあります。おもしろいものががくさんありますが,その中から一部をご紹介します。

MantisConnect
MantisにAPIを提供するサービスで,SOAPをサポートするあらゆる言語から利用可能になります。
Anonymantis
通常バグ登録はBTSにログインして行うわけですが,外部サイトにバグ報告フォームを作ることができます。
JpGraph
グラフ生成用ライブラリを使って,情報をグラフィカルに見ることもできます。

Linuxサーバへのインストール

Mantisのインストールについては,わかりやすい日本語の情報がありますので,そちらをご覧いただくのが良いでしょう。

原稿執筆時点での安定版は1.1.2ですが,致命的なバグが幾つか存在するという情報があります。ここでは1.1.1のインストールについて,マニュアルを補完するような形でご案内してみます。

Mantisの動作に必要な環境は以下の通りです。

  • PHP 4/5
  • MySQL(文字コードはUTF-8を推奨)
  • Webサーバ(ApacheやIISなど)
  1. Mantisダウンロードページの案内に従ってsourceforge.netからmantis-1.1.1.tar.gz をダウンロードします。
  2. 適当な場所で展開しましょう。
  3. # tar zxvf mantis-1.1.1.tar.gz
    
  4. 展開したファイルをapacheのドキュメントルートに移動しましょう。
  5. # mv <旧ディレクトリ名> mantis
    

著者プロフィール

山本健(やまもとたけし)

ウノウ株式会社 QAエンジニア。パーソナルコンピュータ黎明期にPCを使い始めるも,若気の至りか芸術の道へ大きく寄り道し東京芸術大学大学院で油画を専攻。在学中から始めたサイト制作・携帯コンテンツ運営などを経て2003年より株式会社BEATにて受託開発のテスト業務に携わる。2006年4月よりウノウに参戦し,より早くより深いWebアプリケーションの品質管理を目指して奮闘中。画家としても活動しており,見た目からは連想できない繊細な画風で世間の注目を集めている。白日会会員。

コメント

コメントの記入