児玉サヌールと田中ばびえの会社訪問

第5回 ALPSLAB

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

アイディアが多すぎる

――これからやりたいサービスはあるんですか?

二宮一浩さん ラボ以外では
コンシューマー事業部のマネージャー

二宮一浩さん ラボ以外ではコンシューマー事業部のマネージャー

二宮:携帯や3Dなんかはこれまでやってこなかったので,ちゃんとやりたいなとは思っていますけど……。

岩澤:もうちょっとリッチなことをやろうかなと思いつつ,あんまり進んでないんですよね。

――携帯だとリッチにならなくないですか?

岩澤:最近だとFlashも動きますし,従来の携帯サイトではできなかったことに挑戦していこうかなって思っているんですけど,なんか物足りないというか,どんどん新しいアイデアがメールで送られてくるんで,そっちを優先的にやっちゃってるというか。

入山:やることが多過ぎて,手が出せない。

二宮:すぐやりたいことってたくさんあるじゃないですか。WiiとかiPod touchとか新しいWebのサービスとか。そういうのを調べてプロトタイプまで作るんだけど,そのまま,ってのがありがちな形です。⁠そういえばアレどうしたっけ?」みたいなのが多くなる。

岩澤:そういえば新しい携帯電話を買いましたよね?

二宮:まぁまぁまぁ(笑)⁠

入山:金だけ使ってあんまり進んでないという(笑)⁠

――逆に「これはダメ」というアイデアはありますか?

入山:ダメっていうのはあんまりないよね。

二宮:なんだろう……。GoogleマップのAPI使うとか?(笑)

――Googleマップってどうですか?

岩澤:APIが使いにくい(笑)⁠

二宮:Googleはコンテンツがたくさんあっていいですよね。ウチは低予算でがんばっているので,コンテンツを自分で集められないんですよ。だから,もともとアルプス社で持ってるものか,マッシュアップしたものか,あとはユーザさんからの投稿くらいしかなくて。そこはうらやましいなぁって思います。

新しいサービスと運用

――ユーザさんからの反響はどうですか?

入山:最初は「楽しんで頑張れ」みたいな感じだったんですけど,最近は結構厳しいご意見をいただくこともあります。それだけ使っていただいているということですので,非常にありがたいお話なんですが,いわゆる普通のWebのサービスになってしまっては,ALPSLABの役割や目指していることとは違ってくるので,悩ましいところなんですよね。

――サービスはすべてβ版なんですよね?

入山:そうですね。基本的にはサイト丸ごと。

――サービスをやめちゃうこともあるんですか?

入山:これまでのサービスについてはやめないと思います。ただ,その数が30や40になってくると,新しいサービスを出すスピードの妨げになることもあるので,そのときは淘汰するものが出てくるかもしれないですね。

――インフラは? アクセス数とかは大丈夫ですか?

二宮:今たぶん煙出てます(笑)⁠

――サーバは自分たちで調達するんですか?

二宮:土下座して研究開発部門にもらっています(笑)⁠

今後の展望

――最後に,今後のALPSLABの方向性を教えてください。

入山:ALPSLABは,アルプス社の会社としての研究開発の場というか,新しいことをやってますよというのを世の中にお見せする場なので,日々新しいものを出していけるようにしたいと思っています。これまで出したサービスについては,今後もクオリティを向上させていきたいと思っています。運用については,まあ,気長に見ていただいてですね,一部我慢していただきながら(笑)⁠末永く愛して使っていただければうれしいなぁと思います。

――ありがとうございました。

全員:ありがとうございました。

みんなで記念撮影

みんなで記念撮影

著者プロフィール

児玉サヌール(こだまさぬーる)

kdmsnr(発音できない)の本名であると期待される名前。角征典名義の訳書『アジャイルレトロスペクティブズ』(オーム社)が好評発売中。

著書


田中ばびえ(たなかばびえ)

田中ぷにえの亜種。趣味はブーンで写真撮影すること。正体はid:babieこと馬場道明。(株)フィルン所属。