本格派エンジニアの工具箱

第5回 優れた拡張性を誇る統合開発環境「Eclipse」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

Eclipseとは

Eclipseは,Javaをはじめとする様々なプログラミング言語に対応したオープンソースの統合開発環境(IDE)です。もともとはIBMによってJavaエンタープライズアプリケーション開発のために作られたもので,2001年にオープンソース化されて以来は,IBMを中心とする様々な企業や団体,有志開発者で構成されるEclipse Foundationの手によって開発が進められてきました。現在ではJavaだけでなく,その強力なプラグイン機構によってC/C++やJavaScript,PHP,Python,Rubyなどをはじめとした多様なプログラミング言語をサポートしています。

また,プログラミング言語をサポートするだけでなく,データベース開発や帳票作成,タスク指向タスク指向開発をサポートするUIツールなども,プラグインとして提供されています。その他にもEclipseプラグインとしてリリースされているツールは多岐に渡り,ツール開発のためのベースプラットフォームとして活用されているのが,Eclipseの特徴です。

EclipseのライセンスはEclipse Public License(EPL)です。EPLは,Common Public License(CPL)から派生したOSI認定のオープンソースライセンスであり,⁠一部の制限を除く)自由な利用,修正,コピー,修正したバージョンの配布などが認められています。

Eclipseの配布パッケージ

Eclipseのダウンロードは,公式サイトのダウンロードページより行うことができます。また,日本語化プラグインプロジェクトでは日本語化されたパッケージも配布されています(日本語化プラグインについては後述します)⁠

現在公開されているEclipseの最新版はバージョン3.6.2です。バージョン3.6系は「Helios」のコード名で呼ばれています。Eclipseは,本体に対して必要となる各種プラグインを追加するという形式になっており,Java開発環境などの主要な機能についてもプラグインとして提供されます。Eclipse Foundationでは用途別に必要なプラグインがまとめ,以下の11種類のパッケージをリリースしています。

Eclipse IDE for Java DevelopersJavaアプリケーション開発向け
Eclipse IDE for Java EE DevelopersJavaおよびJava EEアプリケーション開発向け
Eclipse Classic旧来(Eclipse 3.2以前)のEclipse本体+基本プラグイン群
Eclipse IDE for C/C++ DevelopersC/C++アプリケーション開発向け
Eclipse for PHP DevelopersPHPアプリケーション開発向け
Eclipse SOA Platform for Java and SOA DevelopersSOA(サービス指向アーキテクチャ)に対応したJavaアプリケーション開発向け
Eclipse Modeling Toolsモデリングをサポートするプラグインを含むJavaアプリケーション開発環境
Eclipse IDE for Java and Report Developers帳票作成機能や分析機能を持つJava EEアプリケーション開発向け
Eclipse IDE for JavaScript Web DevelopersJavaScriptを利用したWebアプリケーション開発向け
Eclipse for RCPPlug-in DevelopersEclipseプラグインおよびEclipse RCPによるリッチクライアントアプリケーションの開発向け
Pulsar for Mobile DevelopersMJT(Mobile Tools for the Java Platform)を含む,モバイル端末向けJavaアプリケーション開発環境

上記のパッケージに含まれる主要なプラグインは以下のようなものです。どのパッケージにどのプラグインが同梱されるのかについてはこちらの対応表を参照してください。

RCP(Rich Client Platform)/Platformリッチクライアント用プラットフォーム
CVSCVS連携プラグイン
EMF(Eclipse Modeling Framework)モデル駆動開発のためのフレームワーク
JDT(Java Development Tools)Javaアプリケーション開発ツール
Mylynタスク指向のユーザインターフェースを提供するプラグイン
Web ToolsJavaエンタープライズアプリケーション開発のためのプラットフォーム
Linux ToolsLinux固有の機能を含むC/C++開発ツール
XML ToolsXMLの取り扱いをサポートするツール群
RSE(Remote System Explorer)EclipseからFTPやSSHを利用してリモートのリソースへアクセスするためのフレーム
EclipseLinkJPA(Java Persistance API)2.0実装の永続化フレームワーク
PDE(Plug-in Development Environment)Eclipseプラグイン開発環境
Datatoolsデータベース開発のためのプラットフォーム
CDT(C/C++ Development Tooling)C/C++アプリケーション開発ツール
BIRT(Business Intelligence and Reporting Tools)帳票作成支援機能や分析機能のためのフレームワーク
ECF(Eclipse Communication Framework)コミュニケーションベースアプリケーションを作成するためのフレームワーク
GMF(Graphical Modeling Framework)グラフィカル・モデリングツールを開発するためのフレームワーク
PDT※※あとで入ります※※
MDT(Model Development Tools)モデル開発を支援するためのツール群
MTJ(Mobile Tools for the Java Platform)Java ME向けアプリケーションを開発するためのプラットフォーム
SwordfishOSGiベースのESB(Enterprise Sevice Bus)によるSOAランタイム

著者プロフィール

杉山貴章(すぎやまたかあき)

ONGS Inc.所属のプログラマ兼テクニカルライター。雑誌,書籍,Webメディアで多数の著作をもつ。

著書

コメント

  • Re:

    「プラグインとして帝京されています。」だとか「これはEPLは,」とか、読んでて引っかかる箇所が多くて疲れた。

    日本語化の方法は

    ・Eclipse Babel Project(http://www.eclipse.org/babel/)
    ・Eclipse 日本語化言語パック (サードパーティ版)(http://www.igapyon.jp/blanco/nlpack/eclipse/)

    などもある。
    PleiadesはAOPで日本語化しているので、PCのスペックによっては重くなる場合もある。
    Pleiadesの翻訳成果は、上記2つに順次反映されていくため、PCのスペックに不安がある場合や、少しでも軽くしたい場合はBabelや言語パックのほうが有利。

    Commented : #1  kaz (2011/03/28, 11:59)

コメントの記入