[公式]Evernote API徹底活用レシピ

第11回 Google App Engine&PythonでEvernote APIを使う

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回まではAndroid上でEvernote APIを使ってみました。今回からはGoogle App Engine上のPythonでEvernote APIを使う例を紹介します。今回はGoogle App Engine用の開発環境を整えます。

Google App Engine for PythonはPython2.5を前提としています。WindowsやMac OS X用には2.5.4のインストーラがPythonの公式サイトにありますので,ダウンロードしてインストールしてください。Mac OS X にはLeopard(10.5)以降ならば標準でPython2.5が入っていますが,ここでは公式サイトの2.5.4を前提に話します。標準のPythonを使う場合は適宜環境に合わせて読み替えてください。

Pythonのダウンロード

Pythonのダウンロード

Pythonをインストールしたら,コマンドラインからも使えるように環境変数を設定しましょう。WindowsではC:\Python25,Mac OS Xでは/usr/local/binを環境変数PATHに追加してください。

Google App Engineを使うためには,SDKをインストールする必要があります。SDKダウンロードのページから,各プラットフォーム用のGoogle App Engine SDK for Pythonをダウンロードしてインストールします。

SDKのダウンロード

SDKのダウンロード

Windowsではインストーラを起動してそのまま進めればインストール完了です。メニューにGoogle App Engine Laucherが追加されていますので起動します。Mac OS Xではダウンロードしたdmgファイルを開いて,その中にあるGoogleAppEngineLauncherをアプリケーションにコピーします。GoogleAppEngineLauncherを起動すると/usr/local/binにファイルを作って良いか聞かれますのでOKを押します。

Google App Engine Launcher

Google App Engine Launcher

Mac OS Xでは,起動後にPython Pathを設定する必要があります。メニューの⁠GoogleAppEngineLauncher⁠⁠Preferences⁠を起動して,⁠Python Path:⁠⁠/usr/local/bin/python⁠を入力して,Enterキーを押してください。これで先ほどインストールしたPythonをGoogleAppEngineLauncherから使うようになります。Windowsの場合はデフォルトの設定でC:\Python25を使うようになっていますので,この設定は不要です。

Python Path

Python Path

では,デモアプリケーションを動かしてみましょう。メニューから⁠Help⁠⁠Demos⁠⁠guestbook⁠を選択すると,標準のデモアプリケーションであるguestbookがインストールされます。インストールされる場所は,Windowsの場合はドキュメント,Macの場合はホームディレクトリです。Google App Engine Launcher上にguestbookが追加されていますので,選択して⁠Run⁠ボタンを押します。その後,⁠Browse⁠ボタンを押してしばらく待つと,ブラウザ上に簡単なフォームが表示されます。フォームに何か入力すると,記録して表示してくれる単純なWebアプリケーションです。

Guestbook

Guestbook

SDKには,ローカル環境で動くGoogle App Engine開発用のWebサーバが含まれています。上記の例ではguestbookアプリケーションをhttp://localhost:8080で動かしています。Webサーバを動かした後にアプリケーションのソースコードを変更すると,サーバを再起動しなくても変更が反映されるようになっています。

これでGoogle App Engineの開発環境が揃いましたが,もう1つ準備があります。Evernote APIでは,Webアプリケーションのように複数のEvernoteアカウントからデータにアクセスする必要がある場合,単純なユーザ名とパスワードによる認証よりもOAuthによる認証を使うことが推奨されています。Evernote APIでOAuthを使うためには,Webサービス用キーが必要となりますが,これは今まで使用していたUserStore用のAPIキー(クライアント用キー)とは別に申請が必要です。APIキーの申し込みから,アプリケーションタイプを⁠Webアプリケーション⁠にして申請してください。しばらくするとWebサービス用キーが送られてきます。また,この申請によって今までのクライアント用キーが使えなくなるわけではありません。

次回はGoogle App EngineでのEvernote APIサンプルを解説する予定です。

著者プロフィール

加藤文彦(かとうふみひろ)

国立情報学研究所新領域融合研究センター特任研究員。普段はWebの研究に従事しており,Web上のデータを型付リンクで繋いでいくLinked Dataがトレンドになると信じて日々活動している。LinkedData.jp主宰。

twitter:fumi1

URL:http://fumi.me

コメント

コメントの記入