[公式]Evernote API徹底活用レシピ

第15回 Evernote Developer Meetup開催―カスタマイズしてEvernoteをパワーアップ

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

2011年11月10日,デジタルハリウッド東京本校(東京・御茶ノ水)にて,⁠Evernote Developer Meetup」が開催された。

会場となったデジタルハリウッド東京本校

会場となったデジタルハリウッド東京本校

今回,米Evernoteより,パートナーリレーション担当ディレクター佐藤真治氏に加えて,gihyo.jpにて[公式]Evernote API徹底活用レシピを執筆する加藤文彦氏をスピーカーに迎えて,Evernote APIの最新動向および実際のアプリ開発について解説が行われた。

また,後半には,参加者全員による少人数制のグループワークが行われ,各テーブルにはスピーカー2名の他,実際にEvernote連携アプリを開発しているデベロッパーも加わり,さまざまなディスカッションが行われた。

Evernoteプラットフォームで行こう!

最初に登場したのは,米Evernote,佐藤真治氏。冒頭に参加者50名に「この中で実際にEvernote APIを利用してアプリ開発をしたことがある人は?」と質問したところ,約四分の一程度の参加者が経験者だった。

米Evernoteパートナーリレーション担当ディレクター,佐藤真治氏

米Evernoteパートナーリレーション担当ディレクター,佐藤真治氏

Evernote API活用,最初の一歩

現在,全世界でのユーザ数が1,600万人を超え,プラットフォームとしての存在感が高まるEvernoteの,さらなる展開として「Evernote APIを利用したアプリケーションの開発,あるいはOAuthを利用した外部Webサービスとの連携が必要」と佐藤氏はコメントした。

その中で,とくに重要となるのが,EDAM(Evernote Data Access and Management)であり,キモとなるのが

  • UserStore
  • NoteStore

の2つだ。佐藤氏はこの点について,⁠UserStoreでユーザ管理,認証サービスを扱い,NoteStoreで,ノートデータ管理サービスを扱います。この2つの機能がEvernoteを支えるものです」と,Evernoteを支える2つのコア技術を紹介した。

その後,データ構造の話として,XMLで定義されたENML(Evernote Markup Language)を紹介し,すべてのノートの中に格納されるResource.dataの構造を説明した。

その他,GUID,USN(Update Sequence Number)の説明が続き,最後に,ユーザ認証の仕組み,そして,開発環境にThriftフレームワークが利用できる点,情報源を紹介して,Evernote API開発のポイントに関する発表を終えた。

Evernote情報源

デベロッパサイトhttp://www.evernote.com/about/intl/jp/developer/
フォーラム(英語)http://discussion.evernote.com/forum/61-evernote-for-developers/
Evernote API徹底活用レシピ(技術評論社)http://gihyo.jp/dev/serial/01/evernote_api

Galleryがやってくる

第二部に移る前,最後に佐藤氏が紹介したのが「Gallery」⁠これは,HTML5(XHTML,CSS3,JavaScript)を利用して,Evernoteをプラグイン化して利用する仕組み。

来春までにはリリースが予定されているGallery。昨今のHTML5を中心としたWebアプリの進化とともに,Evernoteの新しい姿が見えるだろう

来春までにはリリースが予定されているGallery。昨今のHTML5を中心としたWebアプリの進化とともに,Evernoteの新しい姿が見えるだろう

現在,鋭意開発中で,⁠暖かくなる前にはリリースしたい」⁠佐藤氏)とのことだ。従来のアプリ開発,アプリ連携に加えて,ブラウザベースでEvernoteが拡張ができることは非常に楽しみだ。

著者プロフィール

馮富久(ふぉんとみひさ)

株式会社技術評論社クロスメディア事業室室長。

1975年生まれ。横浜市出身。1999年4月株式会社技術評論社に入社。入社後から『Software Design』編集部に配属され,2004年1月に編集長へ就任。同2004年9月に『Web Site Expert』を立ち上げ,同誌編集長に就任,現在に至る。その後,2008年9月に設立したクロスメディア事業部(現クロスメディア事業室)に配属。現在,社外活動として電子書籍を考える出版社の会の代表幹事やWebSig 24/7のモデレーター,TechLIONプロデューサーなども務める。過去にIPAオープンソースデータベースワーキンググループ委員やアックゼロヨン・アワード他各賞審査員などの経験を持つ。

Twitte ID:tomihisa(http://twitter.com/tomihisa/

コメント

コメントの記入