スマホアプリ開発を加速する,Firebaseを使ってみよう

第10回[最終回] Firebaseの実践的なテクニックを使いこなそう

この記事を読むのに必要な時間:およそ 10 分

これまでの連載でFirebaseのリアルタイムデータベースの基本的な使い方と,Google I/O 2016で発表された新しいFirebaseの機能の中からいくつかをピックアップしてご紹介しました。

今回は連載の締めくくりとして,この連載の初回でご紹介したわいわいチャットというリアルタイムチャットアプリケーションのソースコードをすべて公開し,コードを解説しながら実践的なテクニックをご紹介したいと思います。

「わいわいチャット」アプリの説明

まずこれから説明するアプリについておさらいしておきます。

わいわいチャットはシンプルなリアルタイムチャットアプリケーションです。起動するとTwitterアカウントによる認証画面が表示され,認証が完了するとチャット画面に遷移します。チャット画面では複数人によるリアルタイムなチャットが可能です。JPEGの画像をアップロードすることもできます。

図1 わいわいチャット 認証画面

図1 わいわいチャット 認証画面

図2 わいわいチャット Twitterアカウントによる認証

図2 わいわいチャット Twitterアカウントによる認証

図3 わいわいチャット チャット画面

図3 わいわいチャット チャット画面

プロジェクトの準備

ソースコードはGitHubに公開しました。

FirebaseRealTimeChat : Sample real-time chat application using Firebase
URL:https://github.com/srym/FirebaseRealTimeChat

Apache 2.0ライセンスの範囲内で,商用・非商用問わず自由にご利用いただけます。

プロジェクトのclone

さっそくアプリをビルドしていきましょう。プロジェクトを任意のディレクトリにcloneしてください。

$ git clone git@github.com:srym/FirebaseRealTimeChat.git

本記事連載時点のソースコードはstableというブランチ名で残しておきますので,以後stableブランチに切り替えて作業します。

$ git checkout stable

Firebaseプロジェクトにアプリを追加

以前の連載記事を参考に,FirebaseのWebコンソールに新しくプロジェクトを作成し,Androidアプリを追加してください。

図4 Firebaseにアプリを追加

図4 Firebaseにアプリを追加

このとき,パッケージ名はus.shiroyama.android.firebaserealtimechat.debugとする必要があります。

完了するとgoogle-services.jsonがダウンロードされるので,先ほどcloneしたプロジェクトの./app直下にコピーしてください。

Twitter認証の有効化

わいわいチャットではTwitter認証を利用します。FirebaseのWebコンソールから「Auth」を選択し,⁠ログイン方法」タブからTwitterログインを有効にします。

図5 Twitter認証を有効化

図5 Twitter認証を有効化

APIキーとAPIシークレットはこの後のステップで取得するのでいったん空欄のままにしておき,⁠コールバックURL」をクリップボードにコピーしてください。本設定画面は次のステップでAPIキーとAPIシークレットを取得するまでそのまま開いておきます。

著者プロフィール

白山文彦(しろやまふみひこ)

サーバサイド,インフラ,Androidなど何でもやるプログラマ。

コメント

コメントの記入