ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第3回 アクションゲームレクチャー(2) ゲームの舞台,ステージを作る

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

ゲームクリップ内を構成し,ステージやスコアを作る

さてさて3回目です! ゲーム作りもどんどん深い部分に入っていきます。今回はスクロールステージとスコアなど画面関係を作ります!

ゲームクリップ内を構成する!

前回メインタイムラインを構成し,そこにゲームクリップを配置したが,今回からは,そのゲームクリップ内,ゲーム本体を作っていく。

次のFla画面1は完成したゲームのゲームクリップ内だが,今回のアクションゲームに関して,ゲームクリップ内を構成する重要ポイントを三つ挙げた。

Fla画面1 完成したゲームのゲームクリップ内

Fla画面1 完成したゲームのゲームクリップ内

(1)変数は,管理&扱いやすいよう,まとめておく

ゲーム中で使用する変数(フラグやカウンタなどのデータ)は,その初期値の設定を分かりやすい場所にまとめて記しておくのが望ましい。まとめて記しておけば,後で確認や変更したい際に探し回る必要がないし,他の変数の値と比較調整が便利だからである(例として,複数ある得点アイテムの得点数の調整など)。今回のゲームでは,次の変数を設定している。

time_max = 30; //制限時間のMAX
time_ct = time_max; //制限時間カウンタ
pc_posi = 0; //PCの位置(上通路か下通路か)
pc_dmg = 0; //PCがダメージ状態か否か
hp_max = 10; //PCの耐久値MAX
pc_hp = hp_max; //PCの耐久カウンタ
trap_n = 1; //トラップの攻撃力
trap_m = 3; //ミサイルの攻撃力
scr_medal = 500; //メダルの得点
scr_miss = 2000; //ミサイルに当たったペナルティ

※これらについては,以降の必要時に解説していく

(2)PCをステージクリップ内へ含ませる

ゲームプレイ中,操作するキャラはステージ上を移動することになる。そう考えると,ステージクリップが置かれたレイヤーの上にPCクリップのレイヤーを置きたくなってしまうが,そうはせず,ステージクリップを作り,その中にステージもPCも入れてしまう。こうすることにより,両者を同じx0.y0座標起点で扱うことができ,ステージ上でPCを移動させたり(移動は座標で行う),障害物とPCとの当たり判定(当たり判定も座標で行う※1))を行う際に都合がいいのだ。

※1)
FlashLite1.1には,クリップ同士の判定を行う「hitTest関数」がないため,当り判定は座標値の比較から直接判定しなければならない。

(3)制限時間処理のクリップは,ステージやPCのクリップより上位にしておく

これは,実際に経験がないと分かりにくいかもしれないが,制限時間というものは,タイムリミットになると,ステージの進行具合やPCの動作状況を無視して強制的にゲームエンドやゲームオーバーにしてしまう。そのため,制限時間の処理を,ステージやPCの様々な処理より優先にしておく必要がある(=制限時間処理を行うクリップがステージやPCより上階層にあれば良い)。これによって,ステージやPCのクリップ内でいつフレーム移動が行われようと関係なく,強制的にエンド画面へ移行できる。

ダイナミックテキストで制限時間を作る!

今回,制限時間表示はダイナミックテキストを用いて行った。この注意点として,デバイスフォント表示になるので,端末上での表示具合にズレがないか,フォントの大きさが変じゃないか等の表示確認が大事になる。

Fla画面2 制限時間クリップ内

Fla画面2 制限時間クリップ内

制限時間表示はダイナミックテキストで行うので,画面にはカウントダウン表示に使うダイナミックテキストフィールドを配置する。

実際のflaファイルGameAct_02.flaFlash CS3用のものまたはFlash 8用のものを確認してほしい。スクリプトの詳細は,flaファイルのソースにコメントを記したので御一読頂ければと思うが,制限時間クリップでの重要ポイントは,「getTimer関数」を用いて時間進行を常時チェックし,カウントダウン処理と画面への表示,そしてゲームエンドへの移行を行うことにある。

(1)getTimer関数を用いて1秒ごとにカウントダウンを行う

ゲームの進行中,カウントダウン判定はループ処理で常時行っていく。具体的には,ループごとに最新のgetTimer値と以前保持した値を比較し,以前より1秒(=1000)経っていれば制限時間カウンタを-1し,-1した値をテキストフィールドへ代入して反映させる。この際の注意ポイントは,直接テキストフィールドの数値を-1するのではなく,制限時間カウンタの値を-1し,そのカウンタの値をテキストフィールドへ反映させること(テキストフィールドは,あくまで表示スクリーン)。そして,その時点のgetTimer値を次の判定のために保持しておく。

また,もし制限時間カウンタの値が0以下になっていたら,タイムリミットなのでエンド画面へ移行させる。

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入