ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第6回 Adobe取材レポ!!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

「Flashはクリエイターの要望に応えていきますよ!」

前回でアクションゲームレクチャーは終了し,今回は,次回からのレクチャーへのブレイクタイムです♪ Adobeさんへの取材レポやコラムをお届けします!

Adobe取材レポート

この「Flashゲーム制作レクチャー」連載第一回目を公開した際,一回目を読まれたAdobe関係者の方から有難い応援メールを頂き,それならば~と,Adobeさんへ取材を決行することにした。そのメールをくださった方は,Macromediaさんにもおられた方で,あぁ,Flashを愛しておられるんだなぁ~と,頂いたメールの文章から感じた。今一度,この場を借りてお礼申し上げます。

それでは,2007年9月某日にAdobeさんへ取材したレポを,要点をまとめつつお届けしましょう!

Adobeさんへ質問!
「Macromedia Flash」から「Adobe Flash」に変わり,AdobeさんがFlashに求めるものって何ですか?

Adobeさんといえば,Flashに対するようなLiveMotionというアプリケーションがあった。LiveMotionはすでに販売終了しているが,Adobeさんから見て,Flashの表現力はWebにおいて重要という認識が当時からあったようだ。現在,MacromediaさんがAdobeさんに吸収されて一つになったことにより,Adobeさんが描く構想はFlashによって結実していくのだろう。今回の取材では,Adobeさんから次のコメントが聞けた。

Adobe:
「二つの会社が一つになったことにより,ユーザー層が広がり,より広い方面からユーザーの声が聞けるようになりました。Adobeとしては,Flashのいい部分+従来のAdobeユーザーにも使いやすいユーザービリティを大事にしていきたい。そして今後も,色々な人に喜んでもらえる機能強化と製品作りをしていきます」

このAdobeさんのコメントは,Flashの最新版である「Flash CS3」でも実現されている。例えば,それまではパス描画の操作はAdobeさんの「Illustlator」とFlashは異なっていたが,今回のCS3では,両者のパス操作が可能になっている。また,Adobeの2大アプリケーション「Photoshop」「Illustlator」とのデータ互換も上手くなった。実際,PhotoshopもIllustlatorも必須のクリエイトツールなわけで,それらとFlashの連携がバッチリ取れることは,Flashクリエイター側にとっても望むことだ。

Macromedia Flash3パッケージ

画像

筆者が始めて購入したFlashである。Flash3はインタラクティブなWebサイトは作れても,さすがにゲームは厳しかった。この当時は,アニメーションするインタラクティブコンテンツを制作していた。

Adobeさんへ質問!
ケータイ雑誌を見ても,Flashスペックやテクノロジーな紹介記事って無いですけど,Adobeさんはどう思われてます?

皆さんも承知のように,今やFlashは各キャリア端末に搭載されており,コンテンツだけでなくメニューにも用いられている。そこまで浸透しているケータイのFlashだが,ケータイ雑誌を見てもFlashの欠片も見つからないぐらい記事にならないし,ゲームでいえば,アプリゲーム特集はされてもFlashゲーム特集はまず無い。せいぜいサイト紹介で載るぐらいだ。筆者としては非常に不満があったので,この取材の機にAdobeさんに質問をしてみた。

Adobe:
「Adobeとしては,雑誌メディアへFlashLiteをPRしていくのはあまり考えていません。Flashだと意識せず自然に使って頂けるのがあるべき姿と考えていますし,そう浸透していると考えています。ただ,これまでにWebでFlashサイトやコンテンツを作ってこられたユーザーがモバイルではどう作れるかの"ストーリー"は示していく必要はあるかもしれませんね」

これはAdobeさんも言われたが,FlashだろうとJavaだろうと何だろうと,コンテンツが面白ければユーザーは遊んだり楽しむわけで,Flashだから…と意識して選ぶことは普通のユーザーはしない。しかし,筆者は思うのだ。Flashは非常にクリエイティブなツールであり,そこから創作される作品は非常にアーティスティックな作品になる。Flashは,ビジネスなコンテンツツールでもあるがアートなツールでもある。それ故,多くのユーザーがFlashを使って最っと最っとアートをしてもいいのではないか(今のFlashは初心者には高価で難しくなってしまったが…)。それには,一般の人がFlashという表現ツールの楽しさや何が作れるかを知らなければならない。Adobeさんは"ストーリー"と言われたが,Flashだからこそ,こんなストーリーがあってもいいのではないか? と思うのだ。そしてもちろん,これまでの連載の中で書いたように,「Flashならではのゲーム表現の素晴らしさ」。それを最っと多くの人に知って貰いたいし,Flashゲームのムーブメントが起きて欲しい。雑誌メディアさん,Flashアート(待受けもメニューもゲームも全て含めて)の楽しさや面白さを,ぜひ特集よろしくお願いします!!

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入