ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第11回 マップ冒険ゲームレクチャー(1) ゲームの王道 マップ冒険ゲームをFlashで作る!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

お久しぶりです!今回からは,ボブに代わって,私,ななこがナビゲートしていきます!冒険探索ゲームやストーリーゲームが好きな方,必見よ!!

作成するゲームは,これだっ!!

まず初めに,ゲーム大好きな皆さんの中には,熱い冒険RPGや,キャラたちの熱い(萌える?)ストーリーゲームが好きな方も結構いるのではないかと思う。かくいう私も,パソコンゲームのヒット作「ハイ○ライ○」「イ○ス」「サ○ク」等々は欠かさずプレイしていたし,そういうゲームも作ったし,あるいは国民的RPG「DQ」がお好きな方も沢山おられるだろう。

そこで,王道ゲームとも言える,マップスクロールの冒険ゲームをFlashで作ろう~!をやっちゃいます。筆者,かなり燃えております。往年の熱いRPGゲームのBGMを聞きながらノって原稿執筆いたします。あっ!草原ステージのBGMだっ!回復の実を採って塔を目指せ~!!

…というわけで,気持ちは燃えつつも,レクチャーは基本部分から順追って進めていくことにする。今回のマップ冒険ゲームをFlashで実現するには,マップという舞台を作らなければならないし,凝った仕込みも必要だし,フラグ操作や様々な判定処理も重要になってくる。そのため,何となくでは作れないので,完成イメージをしっかり描き,その実現のために何を作る必要があり,それらはどう関わり合うか考え,そして,Flashでどう作れば可能かを試作テストしつつカッチリと作っていかなければならない注1)。

それではまず,今回からのレクチャーをやっていくと,こんなゲームが作れるというサンプルを用意したのでプレイされたし。※バトル中は省いてあるのでご了承を。

注1)
この手のゲームは,設計の仕方や作り方は色々あり得る。何がしたいかによっても違ってくるので,今回からのレクチャーは,Flashでの作り方の一例です。
『アベるんの冒険』ゲーム概要

アベるんは今日も冒険中。探索してアイテムを手に入れよう!

●操作方法

  • 2キー…上へ移動 8キー…下へ移動
  • 4キー…左へ移動 6キー…右へ移動
  • 5キー…押下時,足元にイベントがあればイベントが発生。

実際のゲームが遊べます


※BGMが流れるのでボリュームにご注意を!
※このゲームに入れてあるBGMは、皆さんのパソコン上で聞けるようケータイのサウンドフォーマットではありません。

作曲:
渡邊寛太

では,このサンプルゲームの主要部分をキャプチャ画面を用いて説明すると…

【画面1】マップのスクロール

【画面1】マップのスクロール

PCの移動に合わせて,ただマップをスクロールさせるのではなく,スクロールしない範囲,マップの端まで行ったらスクロールを止めるなど,スクロールの制御を行っている。

【画面2】障害物進入不可と回避

【画面2】障害物進入不可と回避

岩や木など,PCが障害物を乗り越えて進まないよう進入不可と回避の処理を行っている。また,木などの高い障害物は,PCが障害物の向こう側を通り抜けられるよう作ってある。

【画面3】イベントの実現

【画面3】イベントの実現

この様にイベント(出来事)が発生し謎解きも作れる。発生トリガーとして,何かのキーを押したら発生,その場所へ行ったら自動的に発生など,色々なイベントが作れる。

【画面4】複数マップの移動

【画面4】複数マップの移動

このサンプルでは二つのマップがあり,マップを行き来できる。その際,表示の初期位置はどうするか,すでに消化したイベントは発生させないなど,仕込みが必要になる。

【画面5】徘徊するモンスター

【画面5】徘徊するモンスター

モンスターがマップ上を動き回っており,PCと接触するとバトルになる(バトル部分は省略)。サンプルでは単純に動き回っているだけだが,モンスターごとに徘徊範囲を設けてある。

【画面6】臨場感出す演出例

【画面6】臨場感出す演出例

お気づきと思うが,空高く流れる雲の影が少しずつマップ上を移動している。こういう演出によって臨場感も増す。ただ,処理速度の遅い端末では重くなってしまうので注意。

…などなど。いかがだろうか。サンプルなので最小限な内容ではあるが,複数のマップを移動し,徘徊するモンスターとバトル(アクションでもコマンドバトルでも)をし,隠されたアイテムを見つけたり謎を解いたりするゲームがケータイFlashでも作れる。

今回からのレクチャーは,このサンプルを目指して作り進めていくが,数回のレクチャーでどこまで行けるか,お付き合いのほど,どうぞよろしくです!

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入