ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第13回 マップ冒険ゲームレクチャー(3) マップ上のイベントを作る!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

マップにイベントを配置してゲームシナリオを作る!

今回はイベントの作成へ入ります!マップ冒険ゲームにとってイベントは大事なシナリオ! ちょっと難しいけど,flaを参考にしながら読んでね!

前2回に続き,今回は…

前2回は,基本レクチャーとして,マップ作成~PC移動&マップスクロールを解説してきたが,今回は,「レクチャーⅡ スクロールコントロールを行う!」「レクチャーⅢ イベントの作成!」へとドドッと進めていく。‥とすれば,盛り上げるBGMは,ドラマティックなイベントBGMやら手強い中ボスとのバトルBGMといったところだろうか。では,気合入れてスタート!!

今回使用するflaは,イベントまで入れた「GameMapAdv」となり,そのflaを用いて進めていく。

レクチャーⅡ&Ⅲで使用する「GameMapAdv」解説

まずは,使用する「GameMapAdv」の解説から入る。実際に遊べるswfを載せたのでプレイして頂きたい。そして,続いてflaの解説を行っていく。

実際にプレイできます。


2キー: 上へ移動
8キー:下へ移動
4キー:左へ移動
6キー:右へ移動
5キー:押下時,足元にイベントがあればイベントが発生。

(1)「GameMapAdv」ゲーム&マップクリップ内解説

次のFla画面1「GameMapAdv」のゲームクリップ内。今回はイベントが入るので,前回までより複雑な構造になっている。

Fla画面1 ゲームクリップ内

Fla画面1 ゲームクリップ内

Fla画面2 マップクリップ内

Fla画面2 マップクリップ内

マップクリップのフレーム1に記した,初期設定,フラグ,データは次の通り。マップコントロールやイベントが入ったため増えている。

初期設定に追加したフラグとデータ

//マップとPCのスタート設定
//マップの配置座標
_x = -8;
_y = -8;
//PCの配置座標
pc:_x = 128;
pc:_y = 128;
//PCの向きフラグ (0初期 1前 2後 3左 4右)
pc_posi = 0;
//PCの位置カウンタ。スクロール開始判定用
pc_ichi_ct_x = 0;
pc_ichi_ct_y = 0;  ┛①

//PCの移動ウエイトフラグ
ido_wait = 0;

//マップ移動データ
md = "(省略。下の「Fla画面3」を参照)"
//マップ移動データ1行数(マップの横幅分)
md_xmax = 33;
//PCのマップ移動データ上位置
pc_md = 240;

//キー入力フラグ (0可 1不可)
keyNG = 0;
//押されたキーを覚えておくフラグ
//0キーは使用しないので初期値とした
key_input = 0;

//イベント位置データ
ed = "000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000044444400000"
   add"000000000000000000000044444400000"
   add"000000000000000000000044444400000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000010000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000"
   add"000030000000000000000000000000000"
   add"000000030000000000000000000002000"
   add"000300000300000000000000000000000"
   add"000003000000000000000000000000000"
   add"000000000000000000000000000000000";
 
//イベントフラグ初期設定 (0未発生 1済み)
ev1 = 0;
ev2 = 0;
ev3 = 0;
 
//イベント終了ボタン入力を可にするフラグ
// (0解除 1可にする)
evEnd_input = 0;┛②

 増えた部分。スクロール開始判定用カウンタ
 増えた部分。イベントで使用。解説は「レクチャーⅢ」にて

Fla画面3 マップ移動データ

Fla画面3 マップ移動データ

「GameMapAdv」のマップ移動データ。このデータの見方は,前回を参照。

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入