ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第14回 マップ冒険ゲームレクチャー(4) イベントの作成②~そして!!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 5 分

マップ冒険ゲームの最終回!

暑いですね~。マップ冒険ゲームも,夏真っ盛りの今回がラスト!それと,このFlashゲームレクチャーは,今回で連載一周年を迎えました♪

前回(13回目)に続き,今回は…

今回は,前回のレクチャーⅢ イベントを作成する!の続きからとなるが,使用するflaも前回と同様の「GameMapAdv」を用いて進めていく。

レクチャーⅢ イベントを作成する!

前回は,「イベント位置データ」とマップに配置したイベントの解説を行い終了した。今回は,その続きからとなるので,イベント位置データによってマップ上に配置されたイベントの中身,実際のイベント内容やイベントコントロール,表示するメッセージなどについて解説を進めていく。

(1)イベントクリップ解説

マップ上に配置されたイベントの実際,各イベント内容は,「イベントクリップ」内に一括してまとめてあり,ここでイベントコントロールやメッセージ表示などを行っている。

今回のサンプルゲームでのイベントは,各イベントに対応するメッセージを表示するのみだが,基本的な作りとして,今回のようなイベントコントロールクリップを作り,その中でイベントコントロールを行うのが扱いやすい。

Fla画面1 配置されたイベントクリップ

画像

イベントクリップ内部では,ゲーム中に発生するev1~ev4の各イベントをタイムラインによって区分けして管理している。ev1~ev4は,多少の違いはあれど,基本的に同様な構造で同様なイベントコントロールによってイベント進行やメッセージ表示を行っている。

それでは,各イベント内容の解説をしていくが,主要なイベント「ev1」「ev2」の解説のみでご了承頂きたい。

(2)ev1「スコップの入手」解説

まず,イベント1(フレームラベル「ev1」)を解説すると…

Fla画面3 ev1部分

Fla画面3 ev1部分

〔①解説〕

このフレーム1は待機フレームであり,ゲームスタート時はstopによって停止になっている。また,各イベントが終了するとこのフレームにgotoStopしてくる。

ここに記したスクリプトは下記の通りで,_visible=falseによってイベントクリップの表示OFFを行い,各フラグ(変数)の値を初期値0に戻している。

stop ();
_visible = false;
../map:evEnd_input = 0;    ―①
../map:keyNG = 0;    ―②

 〔③解説〕でも説明するが、イベント終了ボタンの入力を有効にするフラグ。0は不可、1が可で、待機フレームで値を0に戻している

 以降の(4)でも解説するが、この値が1だとキー入力不可となり、PCは移動できなくなる。待機フレームで値を0に戻している

〔②解説〕

PCがマップ上に配置されたイベント1上にいる状態で5キーが入力されると,このev1フレームへgotoPlayしてきて,ここから再生スタートする。

このフレームへgotoPlayしてくると,IF文によってイベントの発生判定を行う。フラグev1の値をチェックし,イベント1が未発生ならイベントを発生させ,発生済なら何も行わず待機フレームへ戻している。

if (../map:ev1 == 0) {
 _visible = true;
 play ();┛①
} else {
 gotoAndStop (1);    ―②
}

 フラグev1の値が0なら、このイベント1は未発生なので、イベントクリップを表示ONしてイベントを実行する

 フラグev1の値が1なら、このイベント1は発生済なので、何もせず待機フレームへ戻す

〔③解説〕

このフレームで画面上にイベント終了ボタンを表示し,5キー入力の受付けを可にする。ev1のメッセージはフレーム3ですでに表示されているが,キー入力はこのフレームまで受付けない。この理由は,キー入力をメッセージ表示と同タイミングで許してしまうと,メッセージを読む前に誤って終了してしまう恐れがあるため。

stop ();
../map:evEnd_input = 1;    ―①

 evEnd_inputの値を1にすることにより、5キー入力を可にしている

〔④解説〕

イベント1の最終フレーム。ここでイベント1を発生済にし,待機フレームへ戻す。

../map:ev1 = 1;    ―①
gotoAndStop (1);

 ev1の値を1にすることにより、イベント1は発生済となる。これによって「スコップ(フラグev1はスコップの入手という意味も兼ねる)」が入手済にもなる

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入