ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第15回 パズルゲームレクチャー(1) お手軽パズルゲームを作る!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

どっこい!遊ぶも作るも頭脳戦!

やぁ,ボブだよ! みんな久しぶり! 今回からはパズルゲームをレクチャーするよ! 頭を使うゲームが好きな方,お楽しみを! ピピ!

パズルゲームのポイント

パズル・と一口に言っても,その種類は様々だ。「クロスワード」「お絵描きロジック」といったペンシルパズル”,「ジグソーパズル」などの箱詰めパズル”,コンピュータゲームの世界では落ち物パズルなんてのもある。作り方も解き方も,それぞれ異なるのだけれど,すべてのパズルに共通するポイントがひとつある。それは楽しめるジレンマの仕掛けだ。良いパズルほど実に見事にこのジレンマに悩まされる。

今回は,そうした優れたパズルゲームのひとつ「15パズル」をテーマにしたいと思う。筆者は,以前執筆した「作って!遊んで!自慢する!本格ケータイゲームFlash編」の中で,この「15パズル」を基に発展させたオリジナルゲーム「パズルQ」を作成し紹介したが,これについてもこの解説の後半で触れたいと思う。どのようにしてオリジナルのパズルを考案していくか,その一端を垣間見ていただけるものと思う。

『15パズル』ゲーム概要

15パズルというゲームは,みんな知っているよね。正方形のピースが,縦4×横4に並べられて,内1枚(普通は,16枚目となる右下隅のピース)だけが抜かれている。その抜けた穴を使ってピースを1枚ずつスライドし,バラバラに並べ替えられたピースを,元の状態に戻すというゲームだ。

ちなみに,このパズルが生まれたのは,今から130年前の1878年。考案したのは,パズル作家のサム・ロイド。サムは,このパズルをヒットさせるために,14番目と15番目のピースだけを入れ替えて問題とし,これに懸賞金を賭けて発売した。もっとも,この問題は数学的に絶対に解けないんだけれどね。とにかく,これが功を奏して大ヒット!世界中に広まり,現代にまで残る定番パズルのひとつとなった。

えっ,そんなウンチクがゲームを作るのに関係あるのかって?

ゲームに限らず,これから作ろうとするモノがどういうものなのか,その情報をちゃんと知っておくと言うのは,とても大切なことなんですぞ!!

と,ではこのゲームちゃんと知っておく意味でも,まずは,プレイしていただきましょう!!

実際のゲームが遊べます


5キーでプレイ開始

2,4,6,8キーでピースがスライド

画面の遷移は,以下の通りだ。

【画面1】操作説明

【画面1】操作説明

クレジット画面に続いて,この画面で一旦停止する。背景はピースが正しく並んだ状態だ。

5キーを押して,ゲームスタート。

【画面2】プレイ画面(開始時)

【画面2】プレイ画面(開始時)

ピースがシャッフルされ16番目のピースが抜かれた状態で表示される。

また,スライドできるピースの上には操作キーのガイドが表示されている。

【画面3】プレイ画面(終盤)

【画面3】プレイ画面(終盤)

ピースをスライドし,すべてのピースが正しい位置になるように直して行く。絵と番号が頼りだ。

【画面4】クリア画面

【画面4】クリア画面

すべてのピースが定位置に戻ると,シームレスの一枚絵となり,クリアメッセージが表示される。5キーを押下するともう一度遊べる。

5キーを押して,ゲームスタート。

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入