ケータイFlashゲーム制作レクチャー

第16回 パズルゲームレクチャー(2)パズルを完成させる!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

2次元の擬似配列をあやつる!

みんな,擬似配列を覚えているかい?以前のレクチャーで,カードをシャッフルさせるために使ったね。今回は,2次元配列に挑戦だ!パズルでも,バリバリ使うよ!がんばるピピィ~!

ピースクリップに対応する変数

前回ステージクリップに,図1のようにインスタンス名を付けてピースクリップを配置したが,次に,各ピースクリップに対応する変数を用意し,この変数に,各ピースクリップが表示するピースが置かれたフレーム番号を格納する。この変数とピースクリップを関連付けるために擬似配列を用いる。これは,以前のレクチャーでカードゲーム(神経衰弱)を作る時に,各カードのスーツ及びナンバーを示すフレーム番号を管理した方法と同じ手法だ。ただし,15パズルのピースは,縦横2次元に動くため,管理方法は,もう少し複雑になる。擬似配列も2次元で考える必要が出て来る訳だ。

各ピースクリップと表示するピースが置かれたフレーム番号を保持する変数の対応をまとめると表1のようになる。下2桁の数字で対応を表していることが,見て取れると思う。この下2桁の数字1桁ずつが,2次元配列の縦横のインデックスを表している。

図1 ステージクリップに配置したピースクリップのインスタンス名(再録)

図1 ステージクリップに配置したピースクリップのインスタンス名(再録)

表1 ピースクリップの各インスタンスとその制御のための変数の対応

インスタンス名対応する変数名設定する初期値
p00v001
p01v012
p02v023
p03v034
p10v105
p11v116
p12v127
p13v138
p20v209
p21v2110
p22v2211
p23v2312
p30v3013
p31v3114
p32v3215
p33v3316

この対応付けは,メインとなるFlashムービー(以下,シーン1)の2フレーム目のフレームアクションによって,次のように行なう。

図2 各ピースクリップと変数の対応付け

図2 各ピースクリップと変数の対応付け

リスト1 各ピースクリップを変数の対応付けるスクリプト

k = 1;
for (i = 0; i < 4; i++) {
 for (j = 0; j < 4; j++) {
  set ("/:v" add i add j, k++);
  tellTarget ("stage/p" add i add j) {
   gotoAndStop (eval ("/:v" add ../../:i add ../../:j));
  }
 }
}

リスト1のように2重のfor文で変数iおよびjをそれぞれ0,1,2,3と変化させて,add演算子によって文字列 "/:v" として連結し変数名とする。これにset関数を使って初期値をセットし,同様に文字列 "stage/p" にi,jを連結してインスタンス名とする。こうして名前の下2桁で対応するピースクリップと変数の組ができる。ここでピースクリップの表示フレームを対応する変数の値で設定すると,図3のように一枚の完成画のようにピースが並ぶことになる。

図3 各ピースクリップを対応する変数の初期値で設定

図3 各ピースクリップを対応する変数の初期値で設定

実際のゲームではここで操作ガイドを表示し,5キーの押下を待って16番目のピースを一枚抜いて空きを作り,シャッフルした上で,ゲーム開始となる。

著者プロフィール

西村直樹(にしむらなおき)

クリエイティブスタジオ Studio無限界 代表。アニメーターを経て,ゲームクリエイターとなる。ゲーム制作では,企画シナリオ,ディレクション,絵関連など幅広くこなし,ゲームクリエイターとして現在で19年となる。また,ゲームスクール,アミューズメントメディア総合学院にて,創立年から企画系講師を行い,クリエイター育成にも携わっている。現在は,マネジメントを行いつつ,コンシューマゲーム,ケータイコンテンツ,書籍執筆,その他様々なプロジェクトを進めている。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/


藤田和久(ふじたかずひさ)

プログラマ/テクニカルスーパーバイザー。メインフレームと呼ばれる大型コンピュータのシステム開発から,WebサイトのCGI,そしてケータイFlashに至るまで様々な環境のプログラミングに携わる。現在はStudio無限界の活動の傍ら,都内複数の専門学校において講師として,ゲーム制作,Webサイト制作,システムエンジニアリングなどの授業を担当。 また,Studio無限界とは別にFMS(個人)として,システムエンジニアリングの分野でも 活動している。

Studio無限界
URLhttp://www.mugenkai.com/

コメント

コメントの記入