きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第99回 指示を完璧にこなしてくれた人

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

とある工場にシステムを納入するため,現地に出張することになりました。

ところが発送直前にバグが発覚。単純なバグでしたが,修正してから発送作業が終わるのを待っていては,私の現地到着が間に合いませんでした。修正と梱包,発送などはMくんにまかせ,私はその日最終の飛行機で現地へと飛び立ったのです。

現地は辺鄙なところにあり,飛行機2時間,一泊して次の日の朝から電車1時間,長距離バス3時間半,最後にタクシーで20分。会社を出る際には「絶対に梱包漏れがないように!マウスとか電源コードとかマウスとか!」ときつく言ってありました。何かが足りなくても買いに行ける場所ではないからです。

そして現地に到着。納品場所の確認や検収担当の方との打ち合わせなどで,その日の仕事は終わりました。その後ホテルにチェックインしたのですが,送られてきた荷物に不備不足があったらどうしよう…と不安でゆっくりできません。無事発送したという連絡はありましたが,自分で確認できなかったこともあり,ビクビクしていました。

翌朝,届いた荷物をおそるおそる確認してみると…

パソコン本体,USBコード,電源コード,ディスプレイコード,LANケーブル,マウス,マウス

そういえば「マウス」って2回言ったな,オレ。

忠実に仕事をこなしてくれたMくんに感謝しました。担当の方にも笑っていただけましたし。

黒天秤(男/47歳/プログラマ・SE)

ドタバタと大慌てした中でのことだろうに,指示を漏らさず聞いて対応していたMさんエライ!

でも,詰め込みながら「なんで???」とは思ってたでしょうね。

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

投稿大募集

みなさんが仕事の現場で体験,または目撃した出くわしたトホホな失敗,思わずうなる珍プレーを投稿してください(500~600字程度)。採用された方にはQUOカード3000円分を差し上げます。応募はこちらのページから。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入