きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第122回 毎朝8時のミステリー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

15年ほど前,お客様サーバを監視システムで監視するという業務に携わっていたころ,あるお客様の特定のサーバが突然落ちるという事態が発生。

お客様に通報,サーバを起動して復旧するのですが,落ちる原因がわからない。

UPSをつないでいるし,サーバは正常に停止していて,OSやハードを調べても特に問題は見当たらず,お客様もこちらも首をひねるばかり。ただ,発生する時間帯は,だいたい社員が出社してくる前の8時ごろ。

しばらくして,お客様から原因がわかりましたとの連絡が。

原因は,サーバを接続していたUPSの余ったコンセントから掃除のおばちゃんが掃除機の電源をとっていたとのこと(掃除機の大電流が流れるとUPSは停止する)⁠

まだ,オフィスフロアにサーバを置いていた時代の話です。

MT(男/44歳/プログラマ・SE)

この手の話はたまに聞きますけど,なんでおばちゃんはわざわざそこから電源取るんでしょうね。

その無頓着さ,最凶すぎます。

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

投稿大募集

みなさんが仕事の現場で体験,または目撃した出くわしたトホホな失敗,思わずうなる珍プレーを投稿してください(500~600字程度)⁠採用された方にはQUOカード3000円分を差し上げます。応募はこちらのページから。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttp://www.kitajirushi.jp/

Twitterhttp://twitter.com/kitajirushi

コメント

コメントの記入