きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第133回 ひとり情シスのやらかし

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

遠隔地(福島)にて使用するゲートウェイ兼ファイル共有サーバを本社(東京)で自ら構築したときの失敗。

新サーバのひと通りの構築と設定を終え,運用開始後にセキュリティ見直しをするためにsshターミナルでhosts.allowを編集したときのこと。

ALL : 192.168.1. : allow  ←本社のLANアドレス範囲

と書かねばならないところを

ALL : 192.168.1.0/24 : allow

と書いてしまい,アクセス許可の項目がシンタックスエラーのまま再起動したらしく,それまでつながっていたsshが二度とつながらなくなってしまいました。

「あ,やばい。間違えてサーバを自閉症にしちゃった……」とつぶやくものの,ひとり情シスの「やらかした」自虐バズ&例えを社の人間は誰ひとり理解できることも無く,電話指示での復旧も夢のまた夢……。仕方なくため息ひとつついて新幹線で遠隔地まで飛んで行って,コンソールログインして復旧しました。

拠点の人たちは私の突然の訪問に「どうしたんですか?」と笑顔で聞いてくれるものの,⁠いや実はね……」と恥を忍んで説明しても「ふーん……」ワケ分からない顔されるのが悲しかったです。

omote(男/48歳/その他技術職)

やらかした時って,せめて笑い話に昇華させることで,自分を慰めたくなりますよね…。

一人新幹線で移動する光景が,なんだか哀愁を誘います。

※この連載は,最新記事を含めて5回分の公開になります。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttps://oiio.jp/

Twitter@kitajirushi