きたみりゅうじの聞かせて珍プレー

第139回 ご苦労様です

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

画像

某家電メーカーのシステム刷新プロジェクトに参加した時の話です。

輸出を担当している部署と,税務を担当する部署の間のやり取りがどうしても納得いかず,何度もやり取りしました。

輸出部門が取引の一覧をデータベースから抽出し,Excelで加工した後,紙に印刷して税務担当に社内便で送ります。税務担当は,紙でチェックするのが大変なのでExcelに打ち込んでチェックし,不具合があれば輸出部門が送ってきた紙に付箋をつけて差し戻します。

お互いにExcelファイルでやり取りしてはどうですか? と提案したところ,輸出部門からは「Excelファイルにしたら承認印はどこに押すんだ!と言われ,税務部門からは「Excelファイルのどこに付箋を貼るんだ!と言われちゃいました。

ごもっともですが,何か違っていませんか?

結局,どちらも今の方法を不便に感じていなくて,私一人が騒いだことになって,今まで通りとなりました。

勝丸(男/62歳/経営職)

こんな時,ネットやテレビだとマクドナルドの女子高生がズバッと切り込んで解決してくれるのに。

会議机をひっくり返して「お前らアホかー!」⁠そこに正座しろー!」⁠クソなお前らにコメント機能を教えてやるうううううううう!」って言えたら,気持ちいいんでしょうね……。

著者プロフィール

きたみりゅうじ

もとは企業用システムの設計・開発,おまけに営業をなりわいとするなんでもありなプログラマ。本業のかたわらWeb上で連載していた4コマまんがをきっかけとして書籍のイラストや執筆を手がけることとなり,現在はフリーのライター&イラストレーターとして活動中。

URLhttps://oiio.jp/

Twitter@kitajirushi