最速!Google Wave API解説

第3回 エンベッドAPI

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

ついにGoogle Developer Day(GDD)参加者にGoogle Waveの招待状が届いて,日本人ユーザーの手にもアカウントが続々と手に入っているようですね。Google Waveは単なるサービスとして見ても非常に興味深いものですが,APIを利用してその機能を拡張することができれば,おもしろさはさらに広がります。アカウントが手に入った皆さんは,これまでに説明したガジェットAPIとロボットAPI,そして今回説明するエンベッドAPIを使ってGoogle Waveを遊び尽くしてください。

エンベッドAPI使用例

さて,連載最後となる今回のターゲットはEmbed APIです。これまでの2つのAPI(ガジェットAPI・ロボットAPI)とは異なり,Embed APIはGoogle Waveそれ自体にはなんの機能も追加しません。その代わりに,Google Waveの機能をGoogle Waveの外部で利用することを可能にします。

これまでの例にならって,まず実際の動作を見てみましょう。ブラウザを開き, http://google-wave-embedded.seesaa.net/にアクセスしてみてください。

おそらく多くの方は,次のように表示されていると思います。

図1 非ログイン時のブログの表示

図1 非ログイン時のブログの表示

Waveサンドボックスのアカウントを持っていて,ログイン済みの人には次のように見えています。

図2 ログイン時のブログの表示

図2 ログイン時のブログの表示

このGoogle Mapが表示されている青い部分がEmbed APIによってブログに挿入されたWaveで,Google Waveにも同じ内容のWaveがあり,そちらで見ると次のようになっています。Google Mapのモードは共有されていないようですが,表示されている場所Bath Abbey, Bath, UKは同じです。

図3 Google Wave上での表示

図3 Google Wave上での表示

そして,ブログにEmbedされたWaveは単にGoogle Waveの内容が表示されているだけではありません。Google Waveで編集した結果は即座に反映されますし,ブログ側から内容を変更する事も可能です。画像内では編集中のユーザー名がどちらも「me」になっていますが,私以外が編集しているときにはもちろんそのユーザー名が表示されます。

図4 Google Wave上での編集がブログに反映される

図4 Google Wave上での編集がブログに反映される(1) 図4 Google Wave上での編集がブログに反映される(2)

図5 ブログ上での編集がGoogle Waveに反映される

図5 ブログ上での編集がGoogle Waveに反映される(1) 図5 ブログ上での編集がGoogle Waveに反映される(2)

以上で,エンベッドAPIがどのようなものか理解できたと思います。それでは本APIを実際に使用するにはどのようにすればいいかを見ていきましょう。

著者プロフィール

あんどうやすし

シーサー株式会社 プログラマ。Google App Engine API Expert。

Google I/O翌日にGoogleオフィスで開かれたWave Hackathonに潜り込んできました。そこで得られた知識を,記憶が温かいうちにみなさんと共有できればと思います。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/technohippy/

Wave ID:technohippy@wavesandbox.com

コメント

コメントの記入