ソフトウェアテストと「人間力」

第4回 こんなテスト担当者はイヤだ!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

永い間テストに従事していると,日常生活の中でもある種の「職業病」とも思える行動をとっていることがあります。

たとえば

  • 目の前に「ボタン」があると押したくなる。特に2つ以上あると,同時押しをしたくなる。
  • 製品を買っても,常にエラーケースを考えたり,エラー操作をしたくなる。
  • いつでも再現確認できるように,操作手順を覚えている。
  • カタログのスペック表をずーっと見ていられる。

……等々。

今回は,そんな「ソフトウェアテストな人」をご紹介しながら,「人間力」を考えてみます。

“真(円)”を追求する

いつも通りに筆者が同僚のM氏とテストを実施中,ふとM氏を見ると何やらごそごそと。よく観察すると,トレーシングペーパーを取り出してディスプレイにあてて書き込んでいる様子です。

筆者:
「何しているの?」
M氏 :
「今日は,Circleコマンド(円表示)のテストだから,表示の確認だよ」
筆者:
「(筆者がトレーシングペーパーを指差しながら)それは?」
M氏 :
「真円に見えないんだよね。だから,これに写して確認しようと思って」
筆者:
「全部のテストをそうやっているの?」
M氏:
「Line(線表示)もTriangle(三角表示)もやったよ」
筆者:
「おみそれしました」

トレーシングペーパーをとった結果は,円の上部と下部にドット単位でシャギー(ギザギザ)を発見し,不具合として報告をしていました。M氏曰く,の期待値を追求したのだそうです。彼の期待値への追求に対して,意見も分かれると思いますが,賛否は読者にお任せします。

思い込んだらダメ

ある音楽プレーヤーをテストを実施している現場を訪問したときのことです。

筆者
「テストは順調ですか?」
H君:
「だいぶ製品として安定してきました。音楽の単独再生は,問題なくなりました」
筆者:
「で,今は何のテストなの?」
H君:
「ランダム機能で,指定された曲がランダムで再生される確認です」
……筆者もテスト機の音楽プレーヤーを受け取り,再生してみました。
筆者:
「同じ曲が連続して再生されるようだけど」
H君:
「えぇ,選曲がランダムですから,たまたま連続に再生していると思います」
筆者:
「ランダムといってもねぇ,これ問題ない?!」

仕様ではランダム機能は,曲順が「シャッフル」されて再生されると記載されていました。このように機能名称と動作が異なっていることは珍しくないのですが,H君はランダム機能に惑わされてしまったようです。このような思い込みは,経験豊富なテストエンジニアでも惑わされてしまうことがあります。テストを実施する場合は,固定概念の扱いに気を配ることも大切です。

著者プロフィール

佐々木方規(ささきまさき)

1985年株式会社CSKに入社後,テスト業務に従事しながら検証のノウハウを学ぶ。現在は,株式会社ベリサーブでテストに関する技術開発・人材育成に取り組んでいます。IPAソフトウェア・エンジニアリング・センターやJSTQB,IT検証産業協会(IVIA)では教育・研修部会の主査として活躍中。

コメント

コメントの記入