IT戦士 amachangの 突撃!!Imagine Cup 2008

#6 Imagine Cup 2008 オープニングセレモニー

この記事を読むのに必要な時間:およそ 0.5 分

待ちに待った,Imagine Cup 世界大会初日です。

今日は,Imagine Cup 2008のオープニングセレモニーがありました。

まず,驚かされたのはその会場です。パリ市庁舎,本当に壮大な建物で,天井の高さ石像や壁画の豪華さに圧倒されてしまいました。

そうですねー,一言で表すと「ルネッサンス!!」という感じでした。まるでアニメの中にいるような,そんな気持ちになりました。

写真1:豪華絢爛の大広間で行われたオープニングセレモニー。これが市庁舎とは信じられません

写真1:豪華絢爛の大広間で行われたオープニングセレモニー。これが市庁舎とは信じられません

学生以外の関係者がすべて広間に集まり,しばらくすると学生たちが盛大な拍手の中入場します。

そんな中,日本の学生は甚平で登場!世界中の注目を集めていました。おおお!すごい!目立つの重要ですね!

写真2:「JAPAN!」と声がかかり,会場への階段を上がってくる日本代表。その様子は檀上の大きなスクリーンに映されます

写真2:「JAPAN!」と声がかかり,会場への階段を上がってくる日本代表。その様子は檀上の大きなスクリーンに映されます

写真3:松下君と中島君はImagine Cup Tシャツ,加藤君と前山くんは甚平姿で。「SAMOURAI!」と声をかけられていました

写真3:松下君と中島君はImagine Cup Tシャツ,加藤君と前山くんは甚平姿で。「SAMOURAI!」と声をかけられていました

オープニングのプレゼンテーションでは,Joe Wilson(Microsoft アカデミック イニシアチブ シニアディレクター)「You can change the world!」と叫ぶと,うおおおと学生たちから歓声が上がっていました。「俺たちが世界を変えてやる!」熱い!熱すぎる! この熱さ,情熱が彼らを突き動かしているのです!

写真4:Joe Wilson(Microsoft アカデミック イニシアチブ シニアディレクター)

写真4:Joe Wilson(Microsoft アカデミック イニシアチブ シニアディレクター)

これまでもそうであったように,考えられないような世界が,ソフトウェアによって実現されていくのだと思います。その中心にいるのは彼らの世代なのではないでしょうか。

コラム

その後のディナーでは,世界中の学生たちが思い思いに交流を始めます。

音楽に合わせて踊る学生,積極的にほかの国の学生に話かける学生,感動にひたる学生などさまざまな学生の姿がありました。

そこにはライバルとして,そして仲間としての絆が生まれかけていました。

写真5:高橋君とルームメイトのスリランカ代表

写真5:高橋君とルームメイトのスリランカ代表

写真6:オーストラリア代表の学生と。彼は3ヵ月群馬でホームステイした経験があるとのこと

写真6:オーストラリア代表の学生と。彼は3ヵ月群馬でホームステイした経験があるとのこと

写真7:パリの絵葉書を情熱的に配るお姉さんも登場しました

写真7:パリの絵葉書を情熱的に配るお姉さんも登場しました

著者プロフィール

天野仁史(あまのひとし)

サイボウズ・ラボ(株)に勤めるプログラマ。出身は金沢市。21才でプログラミングに出会いIT戦士になることを決意。それからというもの,寝ても醒めてもプログラムを書きつづけ今に至る。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/amachang/

コメント

コメントの記入