IT戦士 amachangの 突撃!!Imagine Cup 2008

#8 新生ECOGRIDで世界に挑戦する4人

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1.5 分

Imagine Cupの3日目です。今日は,ソフトウェアデザイン部門の日本代表NISLabのプレゼンを聞きに行ってきましたので,その様子をお伝えしたいと思います。

壮行会に出られなかったので,僕が彼らのプレゼンを見るのは日本大会以来になります。

実際に見てみて驚きました!日本大会時のECOGRIDと比べて,まったくの別物になっていたのです!

ジャッジ開始直前。緊張した面持ちの4人でしたが,小板先生が声をかけて少し笑顔になりました

ジャッジ開始直前。緊張した面持ちの4人でしたが,小板先生が声をかけて少し笑顔になりました

新生ECOGRID!!

日本大会時のECOGRIDは,家電製品をネットワークにつなげて遠隔操作できるようにし,さらに電力の状況などをグローバルに共有するというものでした。

でも,作りこみが甘かったり説明不足なところがあったりして,審査員や観客からつっこまれた点が多かったのも事実でした。そこで彼らは,日本大会から世界大会までの2ヵ月間にコンセプトやインタフェース,プレゼンテーションをほとんど1から考え直し,新生ECOGRIDを完成させたのです。

ECOGRIDの大きな改善点は,「機能の変更」「優れたインタフェース」の2点です。

機能の変更

ECOGRIDは,遠隔操作に重点を置いたソフトウェアから,家電製品を自動で制御するソフトウェアに生まれ変わりました。

新生ECOGRIDでは,あらゆるセンサーや家電の動作状況から部屋の状況を判断し,自律的に家電を操作できます。たとえば,家でプロジェクタを使ってパソコンで映画を観るとき,パソコンとプロジェクタ,部屋の照明を連携させておけば,「パソコンを起動する」だけで「プロジェクタの起動」「部屋の照明を落とす」という一連の動作が行えます。具体的には,家電製品のリモコン受光部にECOGRIDが指示を与え,家電を操作するという方法です。最初,家電を自動制御すると聞いたときは,家電側が対応しなければならないのかと思いましたが,リモコンの受光部をインタフェースにするという発想に驚きました。

省エネ生活を始めようと思ったとき,「エコ」となる行動を日常的に意識することが必要になると思います。しかし,どれだけ気をつけてもやっぱり電気の消し忘れなどはやってしまうでしょう(特に僕のようなずぼらな人間は^^;)。もし,コンピュータが今の部屋の状況を理解して自律的に電力を制御してくれれば,消し忘れのような無駄な消費は劇的に削減できるのではないでしょうか。彼らはそれが実現可能だということを,新生ECOGRIDで証明したのです。

優れたインタフェース

続いて,新生ECOGRIDのインタフェースの改善点について紹介します。

新生ECOGRIDは起動後のトップ画面がとにかくカッコいいんです!そよ風が吹く草原にメニューが浮かんでいるんです!この草の動きがめっちゃカッコいいんです!

また,家電を登録する方法も非常にシンプルで,QRコードをカメラに映すだけです。登録するときにコントロールパネルを開かなくても登録できるのがいいですね。

そして,登録された家電はコントロールパネル上に家電アイコンとして表示され,それらをドラッグ&ドロップするだけで電力を制御することができます。文字も大きく,直感的で,お年寄りでも使えるインタフェースになっていると思いました。

インタフェースを担当したのは(この写真でPCを操作中の)中島君です。中島君のセンスに脱帽!

インタフェースを担当したのは(この写真でPCを操作中の)中島君です。中島君のセンスに脱帽!

著者プロフィール

天野仁史(あまのひとし)

サイボウズ・ラボ(株)に勤めるプログラマ。出身は金沢市。21才でプログラミングに出会いIT戦士になることを決意。それからというもの,寝ても醒めてもプログラムを書きつづけ今に至る。

URLhttp://d.hatena.ne.jp/amachang/

コメント

コメントの記入