[The Interview]エンジニア向けQAサイト「teratail」とは

第3回 teratail ユーザ座談会を開催!

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

自社メディアの運営や人材関連事業,そしてシステムエンジニアリングなどのビジネスを展開しているレバレジーズでは,IT業界のエンジニア向けQ&Aサービスとしてteratail⁠テラテイル)を運営しています。オープンしたばかりのサービスですが,Markdown記法で書き込めるほか,シンタックスハイライトにも対応した使い勝手の良さなどから,日々多くの質問や回答が投稿されています。今回は,このteratailで実際に活躍する3人のユーザに集まっていただき,レバレジーズのエンジニアやプロデューサーと座談会を開催しました。さまざまな話題で盛り上がった座談会の模様をお届けします。

画像

User Profile
katoy

https://teratail.com/users/katoy

Ruby on Railsを使ったWebサイトの構築に従事するエンジニア。現在はRubyをメインに使用している。Java開発の経験を持つほか,関数型言語Scalaにも取り組む。

h_sakurai

https://teratail.com/users/h_sakurai

もともとソーシャルゲーム開発者だったが,一念発起して会社を退職し,現在は新たなプログラミング言語の開発に取り組んでいる。

yohshiy

https://teratail.com/users/yohshiy

科学計算技術機器メーカー勤務。おもにデスクトップアプリケーションの開発に従事するほか,個人としてRedmineのプラグインも開発。

海外Q&Aサイトにはないteratailの価値

編集部:さっそくですが,みなさんは何をきっかけにteratailを使うようになったのでしょうか。

katoy:teratailがオープンしたことはニュースを見て知っていたのですが,そのときは余裕がなくてスルーしていたんです。そのあと,お盆休みの間にちょっとアクセスし,質問に回答したことがきっかけです。

h_sakurai:私はほかのWebサイトでteratailはあまり質問のレベルが高くないという書き込みを見て,なぜか「じゃあ俺が難しい質問をしてやるか」と思ったんです(笑)⁠そこから,質問したり回答したりと,いろいろ書き込むようになりました。

yohshiy:僕はkatoyさんと同じで,ニュースでteratailのことを知りました。プログラマ向けのQ&AサイトとしてはStack Overflowが有名ですが,やっぱり英語なのでしんどいですよね。日本でも同じようなサービスができないかと思っていたので,teratailを知ったときはうれしかったです。現状はWeb系プログラミングの質問が多いようですが,できればほかの分野の人にも使ってほしいところです。

エンジニア向けQ&Aサイト「teratail」

エンジニア向け

h_sakurai:プログラミング関係のことを調べていると,だいたいStack Overflowに行き着きますよね。

yohshiy:でも,英語で質問するのは難しい。だから,その日本語版を求めていたんです。

テラテイル:大学生だったころにStack Overflowで質問しようとするとき,この現象は英語でどう説明するのかと悩むことがありました。プログラマ特有の言い回しもあって日本人にはハードルが高い。teratailを立ち上げたときは,そういったところも実は意識していたんです。

yohshiy:Stack Overflowでは質問をほかの人が編集できるのですが,自分が投稿した質問を一度しっかりした英語に修正してもらったことがあり,やっぱり英語は大変だなと思っていたので,日本語でやりとりできるのは助かりますね。

3人のユーザが語った“質問に回答する理由”

編集部:teratailにはさまざまな質問が投稿されていますが,それについてどのような印象を持たれていますか。

katoy:調べればわかるような質問が多いと感じています。これから質問のレベルが上がっていけばいいなとは思いますが,一方で初心者の人たちを置き去りにすべきではないでしょう。こういったサービスで質問するような,壁を1つ越えた人たちをもっと育てることができれば,日本のソフトウェア産業のレベルアップにつながると考えています。

テラテイル:teratailはまさにその気持ちで取り組んでいるんです。よくマネタイズについて聞かれるのですが,現状ではあまりそこは意識していなくて,日本のエンジニアの技術力が高まり,それによって業界が発展して自分たちのメリットにつながればいいなと考えています。

編集部:本日お越しいただいたみなさんは質問するより回答をされることが多いように思いますが,モチベーションはどこから来るのでしょうか。

katoy:自分の知識が少しでもほかの人の役に立てば,という気持ちですね。人にペイしていれば,いつか自分に返ってくるかもしれないと。

h_sakurai:僕は若い人を育てる気持ちで質問に回答しています。一方で,無料で何でも教わるのは虫が良過ぎるんじゃないかという思いもあって,ちょっと悩むところもあります。とはいえ回答してコメントで感謝されるとうれしいので,その辺が自分のモチベーションにつながっています。

yohshiy:回答していれば,いつか自分のメリットにつながるのではという思いがあります。それと,誰かにわからないことがあり,それを自分がわかっているのであれば教えてあげたいという気持ちです。

h_sakurai氏,katoy氏,編集部村下(左から)

h_sakurai氏,katoy氏,編集部村下(左から)

コメント

コメントの記入