はじめMath! Javaでコンピュータ数学

第5回 正しく計算させるための基本,演算法則

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

問題1:台形の面積を計算するプログラムを作成して下さい。

図5.2の台形の面積を計算する式をJava言語で記述し,計算結果を表示してください。なお,台形の面積の公式は次の通りです。

(1) 公式に従い,電卓で台形の面積を計算しましょう。

(2) 公式に従い,Java 言語で数式を書いてみましょう。

(3) ソースコードを作成し,実行してみましょう。

図5.2 台形の面積

ヒント
次のソースコードの9行目に適切な計算式を記述し実行してみましょう※1⁠。
1:
2:
3:
4:
5:
6:
7:
8:
9:
10:
11:
12:
13:
//filename : Daikei_No_Menseki
class Daikei_No_Menseki {
  public static void main(String[] args) {
    float menseki = 0; // 例題中ではA:単位[cm^2]
    int jyo_hen = 5; // 例題中ではa:単位[cm]
    int ka_hen = 10; // 例題中ではb:単位[cm]
    int takasa = 4; // 例題中ではh:単位[cm]
    
    menseki = ここに計算式を記述する
    
    System.out.println("面積は" + menseki + "[cm^2]" );
  }// end of main
}// end of class
※1
ソースコード中に単位のある数値を用いる場合には,変数宣言部分で単位を明記しておくとよいでしょう。この癖をつけておくと,後にコード修正を行う際に混乱を防ぐことができます。

問題2:丸棒と中空円筒の断面積の比を計算するプログラムを作成しましょう。

図5.3のように,直径d = 30[mm]の丸棒の断面積をA[mm2],外径d1 = 30[mm],内径d2 = 20[mm] の中空円筒の断面積をA1[mm2] としたときの比(A_1)/A[-]を導き,Java言語で記述してください。

図5.3 丸棒と中空円筒

著者プロフィール

平田敦(ひらたあつし)

地方都市の公立工業高等学校教諭。趣味はプログラミングと日本の端っこ踏破旅行。2010年のLotYはRuby。結城浩氏のような仕事をしたいと妄想する30代後半♂。