はじめMath! Javaでコンピュータ数学

第20回 論理代数の公式[中編]

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

今回も論理代数の定理・公式を紹介していきます。それぞれの公式について真理値表をつくることで,公式の働きを感覚的に納得しましょう。最後に計算問題を用意していますので,使い方に慣れましょう。

論理代数の定理・公式のつづき

補元則

補元則はその演算結果が真か偽になりますから,零元則や単位元則とともに働いて式が劇的に簡略化される場合があります。忘れずに適用したいルールです。

式20.1は次のように値を当てはめると分かりやすいでしょう。仮にAが真ならば,Aは偽です。常に裏返しのものの論理積をとれば,どちらかが必ず偽なのですから全体として真になりようがありません。ですから結果は常に偽です。

式20.2も同様に考えると分かりやすくなります。常に裏返しのもの同士の論理和は,どちらかが必ず真なのですから全体として常に真になります。

対合則

対合則はいかめしい名前ですが,要は「裏の裏は表」ということです。復元の定理とも呼ばれます。

べき等則

同じものに関して何度論理和や論理積をとっても同じだと宣言しています。具体的な事柄で表現すると,吹き出しそうな文章になりますがしっくり納得できます。せっかくだからやってみましょう。Aが「明日は晴れ」を表すとします。すると,式20.4の左辺は,『「明日は晴れ」かつ「明日は晴れ」かつ…かつ「明日は晴れ」です』。どう転んでも,明日が雨になりそうになりませんね。

交換則

交換則は2つの論理値の論理演算の順番を入れ替えても結果に差がないことを表しています。

結合則

結合則も交換則同様,シンプルで理解しやすいものです。同じ論理演算子で結ばれた論理変数は,括弧でくくる位置を自由に変更できます。

吸収則

さて,論理代数の公式はここからが大事なところです。直感的にはすぐに納得しかねる式が出てきます。一番良いのは地道に真理値表を作成し,左辺と右辺が等しくなることを確かめて納得することです。では,式20.10について試してみましょう。

表20.1 式20.10の真理値表

ABA+B(A+B)・A
0000
0110
1011
1111

真理値表から,Aと(A+B)・Aの列が確かに同じことがわかります。

吸収則はその名の通り式中の論理変数が吸収されて姿を消してしまいます。式の簡略化に役立つ公式です。

著者プロフィール

平田敦(ひらたあつし)

地方都市の公立工業高等学校教諭。趣味はプログラミングと日本の端っこ踏破旅行。2010年のLotYはRuby。結城浩氏のような仕事をしたいと妄想する30代後半♂。

コメント

  • ご指摘感謝します

    ご指摘の通りです。
    わたしの間違いでした。

    ご指摘のように、A・(B+1)となった後は、(20.12)より、
    A+Bとなります。

    ありがとうございました。

    Commented : #2  平田敦 (2009/11/06, 04:54)

  • 3番目の問題

    3番目の問題。

    A・(B+1)を簡単にするとAじゃないでしょうか。
    答えはA+Bになると思うのですがいかがでしょうか。

    Commented : #1  名無しさん (2009/11/06, 00:21)

コメントの記入