ついにベールを脱いだJavaFX

第2回 JavaFXで作る初めてのアプリケーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4.5 分

それでは,JavaFXでアプリケーションを作ってみましょう。

JavaFXのインストール

JavaFXはJavaFX Technology Downloadsのページよりダウンロードすることができます図1)。

図1 JavaFXダウンロードページ

図1 JavaFXダウンロードページ

ダウンロードページからダウンロードできるのは以下の3種類のパッケージです。

  • JavaFX 1.0 SDK
  • NetBeans IDE 6.5 with JavaFX 1.0
  • JavaFX 1.0 Production Suite

NetBeans IDE 6.5 with JavaFX 1.0はNetBeansにJavaFX関連のプラグインがはじめからインストールされているパッケージです。

今回使用するNetBeans IDE 6.5 with JavaFX 1.0がサポートしているOSは以下の通りです。

  • Windows XP SP3以降(32ビット版のみ)
  • Windows Vista(32ビット版のみ)
  • Mac OS X 1.0.4.10以降

JDKのバージョンは,Windowsの場合,JDK 6 update 7以降が必要です(推奨はJDK 6 Update 11)。Mac OS XではJDK 5 update 13以降(Java for Mac OS X 10.4,Release 7もしくはJava for Mac OS X 10.5.4以降)となります。

その他のシステム要件については,Software and System Requirements for JavaFX Technologyを参照してください。

本解説ではOSにWindows Vista,JDKにJDK 6 update 10を使用していきます。また,直接 JavaFX 1.0 SDKを使用するのではなく,NetBeansを使用してアプリケーションを作成していきます。

では,まずNetBeans IDE 6.5 with JavaFX 1.0をダウンロードしてください。WindowsとMacに対応したオレンジのダウンロードボタンがあるので,使用するOSに応じてクリックしてください。クリックすると,ダウンロードが始まります。Windowsの場合,ダウンロードファイルはnetbeans-6.5-javafx-windows.exeになります。

では,ダウンロードしたnetbeans-6.5-javafx-windows.exeを実行しましょう。すると,図2のようなダイアログが表示されます。

図2 インストーラのダイアログ

図2 インストーラのダイアログ

では,[Next>]をクリックして次に移りましょう。するとライセンスが表示されます図3)。ライセンス条項を確認してから,左下のチェックボックスをチェックします。

図3 ライセンス条項

図23 ライセンス条項

次にNetBeansをインストールするディレクトリと,NetBeansが使用するJDKを選択するページに遷移します図4)。特に問題がなければ,デフォルトのままでかまいません。

図4 インストールディレクトリの指定

図4 インストールディレクトリの指定

最後に確認ページが表示されますので図5),問題がなければ[Install]をクリックしてインストールを開始します。

図5 インストールの確認

図5 インストールの確認

インストールが終了すると,ユーセージデータ提供のためのチェックと,レジストレーションのチェックが表示されます。どちらも必須ではありません。最後に[Finish]をクリックすると,インストーラが終了します。これでJavaFXの準備は完了しました。

本解説ではJavaFXのプラグインがはじめからインストールされているNetBeansを使用しました。しかし,すでにインストールしたNetBeansに後からJavaFX関連のプラグインを追加することも可能です。

著者プロフィール

櫻庭祐一(さくらばゆういち)

横河電機に勤務するかたわらJava in the Boxにて新しい技術を追い続けています。JavaOneは今年で11年目。名実共にJavaOneフリークと化しています。

コメント

コメントの記入