コレクターが独断で選ぶ! 偏愛キーボード図鑑

第8回 KVMスイッチでお気に入りのキーボードを無線化しよう―CS533

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

本記事の内容はSoftware Design掲載当時の内容であり,現在では変わっている場合があります。

はじめに

今回は,本筋のキーボードとは外れますが,USB to Bluetooth KVMスイッチであるCS533写真1を紹介します。CS533はPCとiPhone/iPadで1つのキーボード/マウスを共有するための製品です。今回はこのCS533を用いて,USBキーボードをBluetooth化して使う方法を取り上げます。

写真1 CS533

写真1 CS533

CS533

CS533はATEN社が販売する製品でKVMスイッチの1種です。一組のキーボードとマウスを,PCとiPhone/iPad間で切り替えて利用できるようになります。先に海外で販売されていました。現在では,日本でも販売されているため技適マークもついています写真2)⁠

写真2 技適マーク

写真2 技適マーク

利用方法

CS533はPC,キーボード/マウスを次のように接続します図1)⁠

  • CS533とキーボード/マウスをUSB接続
  • CS533とPCをUSB接続
  • CS533とiPhone/iPadをBluetoothでペアリング

図1 CS533の接続例①

図1 CS533の接続例①

PCとiPhone/iPadとの切り替えは,CS533にあらかじめ設定されているホットキーで瞬時に行えます。ホットキーはいくつか存在し,PCとiPhone/iPadを切り替えるキーは[Alt]⁠Alt]Alt]の2度連打)です。主要なホットキーを表1に挙げます。

表1 ホットキーの一例

[Alt]⁠Alt]別のデバイスにスイッチする
[Alt][F1]USB接続のPCにスイッチする
[Alt][F2]Bluetooth接続のデバイスにスイッチする
[Alt][F6]Bluetoothペアリングをクリアする
[Alt][F12]Bluetooth接続を切断する

筆者は,iPhone/iPadは所持していませんので,その代替としてSurface RTを用いて試してみましたが,スムーズにPC,Surface間を切り替えでき,とくに問題を感じませんでした写真3)⁠

写真3 CS533とSurface RT

写真3 CS533とSurface RT

なお,ホットキーなどの詳しい情報は製品のマニュアルを参照してください。

USBキーボードのBluetoothキーボード化

CS533のUSBに接続するデバイスはPCである必要はなく,給電ができれば何でも良いです。そのため,ポータブルUSB電源を代わりに使うこともできます。

これをふまえて,次のようにiPhone/iPadの代わりにPCを接続して,USBキーボードをBluetooth化して使えます図2,写真4)⁠

  • CS533とキーボード/マウスをUSB接続
  • CS533とポータブルUSB電源をUSB接続
  • CS533とPCをBluetoothでペアリング

図2 CS533の接続例②

図2 CS533の接続例②

写真4 CS533とHHKB

写真4 CS533とHHKB

PCとCS533をペアリングしたあとにキーボードで[Alt][F5]⁠⁠1]⁠⁠Enter]と入力してキーボードマッピングをiPhone/iPad用からQwerty配列に変更する必要があります。これを行わなければ,⁠Esc][Home]⁠⁠End]などの一部のキーが使用できません。

以上で,USBキーボードをBluetoothキーボードとして使用できます。ただし,次の点に注意する必要があります。

  • ⁠Alt]を2度連続して押すと,USB接続されたデバイスとBluetooth接続されたデバイスの切り替えが実行される
  • ② 一部の[Alt]+ファンクションキー操作が使えない
  • ③ メニューキーが使えない
  • ④ 日本語キーボードと接続した際,⁠変換]⁠⁠無変換]⁠ひらがなカタカナキーが使えない注1

①は,もう一度[Alt]を2度押すと使えるようになります。どうしてもキーボード入力ができなくなった場合,CS533と接続している電源を引き抜き,再接続を行ってください。

②は,CS533にホットキーとしてキーストロークが奪われてしまうためです。一例は表1で挙げたキーストロークです。⁠Alt]とそれ以外の組み合わせである[Alt][a]⁠⁠Alt][Tab]などは使えます。また,⁠Alt][F4]はホットキーとして登録されていないので,これも使えます。

③は,試した限りでは「=」が入力されるだけでした。

④は,Linux PCで試したところ,⁠変換]⁠⁠無変換]⁠ひらがなカタカナキーはまったく別のキーとして認識されているようでした。それ以外のキーは不都合なく入力できました。

注1)
[半角/全角]は使えます。

入手方法

Amazonなどで購入できます。値段は7,000~8,000円ほどです。eBayのようなオークションサイトで出品されていますが,海外のCS533では技適マークがついていない可能性があるので,オークションでの購入は控えたほうが良いでしょう注3)⁠


USBキーボードをBluetooth化したいという要望はよく聞きますが,それを達成するための製品は今までありませんでした。有線キーボードを無線化するという観点であれば,ワイヤレスUSBハブとポータブルAC電源を利用するという方法もありましたが,これは大がかりになりがちでした。CS533なら多少制限はありますが,比較的簡単にUSBキーボードをBluetooth化できます。ワイヤレスキーボードの購入を考えるのであれば,今回紹介した制限が許容できるのかどうかを考えたうえで,CS533で使い慣れたキーボードをBluetooth化することを考えてみても良いかもしれません注4)⁠

注3)
日本販売前に海外でのみ販売されていたCS533に技適マークはついていませんでした。
注4)
なお,海外ではCS533のほかにBluetooth Keyboard Adapterという製品もあるようです。
Software Design

本誌最新号をチェック!
Software Design 2017年4月号

2017年3月18日発売
B5判/184ページ
定価(本体1,220円+税)

  • 第1特集
    目的から考える! 実作業から学ぶ
    Linux入門(OS操作編)
  • 第2特集
    はじめてのサーバーレスアーキテクチャ
    AWS LambdaとMicrosoft Azure Functionsで体験
  • 一般記事
    [ニフティクラウド mobile backend]mBaaSのしくみ紹介【1】
    クラウドサービスで運用不要! すべておまかせシステムの舞台裏
  • 一般記事
    PG-Stromの構造と機能,そしてその威力とは【後編】
    どのようにGPU は集約演算を実行するのか?
  • 一般記事
    Jamesのセキュリティレッスン【9】
    IPsecの暗号化通信を復号してみよう!

著者プロフィール

濱野聖人(はまのきよと)

EmacsとPCキーボードをこよなく愛するDebian GNU/Linuxユーザ。PCキーボードは100枚以上所持。

コメント

コメントの記入