LinuxCon Japan 2012 Preview

#2 インダストリーとコミュニティの橋渡しを目指すLTSIに注目

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3.5 分

Linuxおよびオープンソースソフトウェア(OSS)分野の国際技術カンファレンスとしてアジア地区で最大規模の「LinuxCon Japan 2012」が,6月6~8日にパシフィコ横浜で開催される。今回の見所の一つは,まさに動き出したばかりの「LTSI」⁠Long-Term Support Initiative)⁠組込み分野向けLinuxカーネルのサポートの取り組みだ。LTSIに深く関わっている,株式会社ルネサス ソリューションズ 第三応用技術本部 エグゼクティブの宗像尚郎氏に,組込み系ソフトウェアの現状や今後の展望を聞いた(本文中敬称略,情報は3月22日時点の内容です)⁠

ルネサス ソリューションズ 第三応用技術本部エグゼクティブ 宗像尚郎氏

ルネサス ソリューションズ 第三応用技術本部エグゼクティブ 宗像尚郎氏

近年では組込み系でもLinuxが必須,そのサポートが急務

――宗像さんは,Linuxやオープンソースコミュニティに,どのように関わっておられるのでしょうか。

宗像:私が所属しているのは,マイクロコントローラを中心とした半導体メーカ,ルネサスグループです。私は,オープンソースコミュニティの中でルネサス製のデバイスを動かすコードをコントリビュートする立場です。一方,近年では組込み系でもLinuxが使われる場面が増えてきており,そうしたユーザのサポートも行っています。つまりコミュニティを向いた仕事と,自社の顧客を向いた仕事の両方をやっているのが現状です。

もともと私は,ルネサスの前身となった日立製作所でSH3やSH4の頃からLinux対応に取り組んでいました。当時はメーカとして公式にサポートしていたわけではありませんが,SHシリーズはLinuxも動かせるため,顧客の要望もあって個人的にサポートをしていたような形です。ちなみにSH3の頃には,Linux,sambaを乗せて,PIOでATAインタフェースに接続させた家庭用NASを提案したりもしていました。これはPC周辺機器メーカに採用され,実際に商品化されています。

――たしかに,SH3の頃は,まだLinuxは組込み系で一般的なOSではありませんでしたね。それが近年になって,急にLinuxが必要になってきたということでしょうか。

宗像:最近ではマイコンも数百MHz,1GHzといった高クロックの製品が珍しくなくなり,また情報家電などはLinuxを使わなければ製品を作れない状況になりつつあります。ルネサスにとってのユーザ,つまり家電などのメーカの多くが,これまでほとんどLinuxを使った経験がないまま,ここ数年で急に,Linuxを使わざるを得ない状況に直面しているのが実態です。

テレビを例に挙げると,2005年頃から地上デジタル放送が広まってEPG(電子番組表)の機能が向上してきたのに伴い,グラフィカルな操作性が求められるようになり,豊富な機能を持つOSが必要となってきました。このあたりまでは各種の組込み用OSが使われていたものの,2011年頃からはYouTubeなどインターネット上のコンテンツを利用するテレビが急増し,他の組込み用OSでは使えるものがなく,もはや好む好まざるに関わらずLinuxを使うしかない,という状況になってきています。

――家電のネット化がLinuxを必要としているのですね。家電メーカにとって,これまで親しんできた既存の組込み用OSと比べ,Linuxの扱いはどのあたりが困難なのでしょう。

宗像:最大のポイントは,以前と比べるとソフトの分量が膨大になったことです。昔の家電メーカは搭載するソフトウェアの隅々まで把握した上で製品を作っていましたが,Linuxは1社で中身を完全に把握しきれるようなものではありません。

2年間の実務経験のあるソフトウェア技術者が一人で把握できるのは100kラインと言われていますが,Linuxは15Mライン,150人くらいいないと全てを見られない計算です。エンタープライズ系の規模の大きな会社では全て把握できるところもありますが,組込み系の会社では困難。セットメーカにとってみれば,中身の分からないブラックボックスが入ってきているようなものなのです。そのため,我々半導体メーカーに対してLinuxのサポートが期待されるケースも増えています。

また,PCやエンタープライズ分野では営々とOSSに取り組んできたのに対し,組込み分野では急に大きなソフトを扱わねばならない状況に直面したことも,ユーザたちの混乱を招いている面があるでしょう。

コミュニティとインダストリーの発展サイクルの食い違い

――とはいえ,半導体メーカによるサポートも限界があると思われます。

宗像:たとえば ARM社はCPUコア部分だけを供給しているので,タイマや割り込みコントローラなどは各SoCベンダが独自の,でも基本的には似通った機能を実装することになります。 またエラッタに対するソフトウェアワークアラウンドも各社で微妙に違うものが適応されているという実態があります。

――同じCPUコアなのに,半導体メーカーごとに類似のコードが別々にメインラインに登録されているというのは冗長ですね。

宗像:ARMコアを使うSoCメーカでは基本的に同じ問題意識を持っていると思います。また,近年では工業製品のバリューチェーン内で半導体の位置が相対的に低くなってきているという背景もあります。そこで,業界内で共通している部分が重たくなってきたのなら,それをCommonにしよう,業界でできることは業界でやっていこう,という考えが出てきました。それがLTSIにつながっています。

――協業できる部分は業界で協業して各社の負担を軽くし,その分の余裕を各社独自の競争力につなげていこう,といった感じですね。しかし,LTSIに至るまでの道のりも平坦ではなかったようですが。

宗像:LTSIに先立つインダストリー側のグループとしては,CE Linux Forum(CELF:2003年に家電メーカーなどの団体として設立され,2010年10月にThe Linux Foundationと合併,現在はThe Linux Foundationの技術ワーキンググループ「CE Working Group」となっている)がありました。しかし,Linuxを使い始めて日が浅い業界ですから,なかなかコミュニティ側の文化を理解できず,紆余曲折があります。

実際,CELF発足当初にOSSコミュニティに対して要求を出したことがありますが,コミュニティ側からは総スカン状態でした。⁠要求を出すくらいならコードを書け」というのです。コミュニティの文化としては当然ですよね,コミュニティは皆でコードを書いて,進化していくことに価値があるのですから。

しかし,特定の製品を作ろうとしている人にとってみれば,他の人のことまで考えている余裕がないのも事実。そこにコミュニティとインダストリーのギャップがあります。インダストリー側から求められているのは,ソフトウェアの品質を上げることと,新しいカーネルで取り入れられたフィーチャーを以前のバージョンのカーネルにもバックポートすること。そこで,皆が使っていけるような,間を埋める中間的な存在をきちんと作り,メンテナンスする存在が求められるようになったのです。

――それがLTSIというわけですね。

宗像:これまで何年もやってきたことが,LTSIに結びつきました。同種の取り組みとしてはエンタープライズ分野のLTS(Long Term Stable:長期安定版)をベースにした商用ディストリビューションがありますが,組込み系でも実は同様の取り組みをしようとした企業があったものの,うまく行かなかった経緯があります。The Linux FoundationのプロジェクトとしてLTSIが立ち上がったことで,今後が期待できるでしょう。

コメント

コメントの記入