使ってみよう! Live Framework

第3回 はじめようLive Framework CTP

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Live Framework CTP

前回はLive Frameworkの概要を簡単に紹介しました。今回はLive Framework CTP(Community Technology Preview)の内容について開発をはじめる前に確認し,そして開発の準備まで行います。執筆時点では2009年の1月末にCTPの内容が更新されています。

現在のLive Frameworkは,Live ServicesのLive Meshを利用した開発が可能と考えるとよいかと思います。そして以下のサービスや開発ツール等が提供されています。

  • Live Framework Developer Sandbox
  • Live Framework Client
  • Live Framework SDK
  • Live Framework Tools for Microsoft Visual Studio

このうちDeveloper SandboxとLive Framework Clientについてまず紹介します。

Developer Sandbox

Live Framework CTPでは現在,Live Meshサービスへアクセスが可能です。Live Meshについては本連載第1回で紹介しました。ただし,Live Framework CTPからアクセスできるのはこのLive Mesh Betaサービスではなく,開発者用にBetaサービスとは異なるLive Framework Developer Sandbox図1が用意されています。

図1 Live Framework Developer Sandbox

図1 Live Framework Developer Sandbox

図1のようにほぼLive Mesh Betaと同じ画面ですが,TECH PREVIEWの表記のほかに,タブに「App」が追加されています。このAppは,現在Live Servicesでもっとも革新的で,おもしろい部分だと思います。

さっそく新しいAppの内容を簡単に確認してみましょう。Live Mesh BetaではLive Mesh上でアプリケーションの実行はできませんでした。この開発者用Live Meshではアプリケーションの実行が可能になっています。図2はサンプルアプリケーションをLive Desktop上で実行したところです。

図2 Live Desktop上でアプリケーションの実行

図2 Live Desktop上でアプリケーションの実行

このアプリケーションはLive Desktop上だけでなく各デバイス上でも実行できます※1)。そしてフォルダ・ファイルと同様に,アプリケーションの持つデータはもちろん,アプリケーション自身も同期・共有が可能です。このアプリケーションはWebアプリケーションとデスクトップアプリケーションの特長を持っており,Mesh-Enabled Web Applicationと呼ばれています。このアプリケーションはSilverlightを使用しており,Live Frameworkを利用して開発が可能です。詳しくは今後本連載で扱いたいと思います。

※1

現在はWindowsでのみ動きます。

Live Framework Client

Live Framework Client図3は,Live Mesh Betaのデバイス上にインストールするアプリケーションに相応するものです。Live Mesh Betaではエクスプローラと統合したフォルダ・ファイルの同期処理やLive Remote Desktopの機能を提供していましたが,Live Framework Clientはこれらの機能は制限されており,使用できません。開発用にアプリケーションの同期とクライアントLive Operating Environment(本連載第2回参照)として機能します。

図3 Live Framework Client

図3 Live Framework Client

Live Framework Clientがインストールされていると,前述のようにLive Mesh Betaのフォルダ同期のようにアプリケーションの同期が行われます。Live Desktop上でアプリケーションをインスタンス化していると,PCのデスクトップ上にアプリケーションのショートカットが作成されます。ショートカットからアプリケーションを実行すると図4のようになります。

図4 デスクトップからアプリケーションの実行

図4 デスクトップからアプリケーションの実行

図4は先ほどLive Desktop上で実行したアプリケーションです。アプリケーションのデータが同期されていることがわかります。また誰と共有しているか,どのデバイスと同期しているかや,更新情報については,アプリケーションウィンドウの右側に付いているMesh barからわかります。アプリケーションの実行時には,オンラインである必要はありません。オンラインになった時点でほかのデバイスと同期が行われます。

著者プロフィール

松江祐輔(まつえゆうすけ)

日本システムウエア株式会社 勤務。現在,ハードウェア設計・検証業務を担当。大学生・大学院生時代はベンチャー企業 有限会社ミレニアムシステムズにプログラマーとして従事。趣味はプログラミング。好きな言語はVisual Basic。Microsoft MVP for Windows Live Platform(Jul 2010 - Jun 2011),Windows Live(Jul 2011 - Jun 2013)。

URL:http://katamari.jp

コメント

コメントの記入