gihyo.jp×Mashup Award 5プレゼンツ MA5 コンテスト開催中!受賞の極意

第3回 技術的ショーケースとして応募!株式会社ザクラ取締役CTO奥山氏に訊く

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

今年で5回目を迎える日本最大級のWebアプリケーション開発コンテスト「Mashup Awards(MA)http://gihyo.jp/news/info/2009/09/1003」の受賞者の方へのインタビューを連載でお届けしています。第3回目のゲストは,昨年度(MA4)の優秀賞を受賞された株式会社ザクラ取締役CTOの奥山晋さんです。MA5への参加登録がお済みの方も,まだ検討中の方も奥山さんが語る受賞の極意を,ぜひ参考にしてください。

Mashup Awards 5 (MA5)公式Webサイト
http://mashupaward.jp/
昨年度Mashup Awards 4 (MA4) 優秀賞
受賞作『MASHUP×CROSSWORD』http://xword.zakura.jp/xword/top.do
受賞者チームオクヤマ(奥山晋さん・岩瀬智子さん/株式会社ザクラ)

Mashup Awards 4 (MA4) 優秀賞 受賞作 MASHUP×CROSSWORD

Mashup Awards 4 (MA4) 優秀賞 受賞作『MASHUP×CROSSWORD』

MA4 優秀賞 受賞者 株式会社ザクラ取締役CTO奥山晋さん

MA4 優秀賞 受賞者 株式会社ザクラ取締役CTO奥山晋さん

会社の技術的ショーケースとしてMA4に応募しました

Q:MA4 優秀賞受賞作品「MASHUP×CROSSWORD」の紹介をお願いします。

Webサイトにアクセスしてスタートボタンを押すとクロスワードパズルが生成されるシステムです。クロスワードパズル自体はみんなが知っているものなので,使い方を簡単に説明が要らないようなシステムを目指しました。ポイントは,なるべくたくさんのAPIを使ったことで,私の勤める株式会社ザクラの技術的なショーケースとして,自分たちはこういうサイトを制作できるぞということをアピールすることを目的としています。MAへの参加は,株式会社ザクラとしては3回目,私自身2回目になるのですが,1回目の応募ではマッシュアップをただ使ってみた感じでとくに受賞もなく。2回目は,より戦略的に,⁠ちょっとマッシュアップしてみた」ではなく「ちゃんとマッシュアップサイトを作る」ことを意識し,マッシュアップに正面からに取り組んでみました。 またAPIを組み合わせるのに共通の軸となる何かが必要になるのがマッシュアップなのですが,今回はテキストをキーに「言葉」で何かしようと考えクロスワードを思いつきました。なのでクロスワードをマッシュアップしようとした訳ではなく,マッシュアップするためにクロスワードを使ったイメージになりますね。

Q:通常の業務でもマッシュアップを使われていますか?

株式会社ザクラではSNSとカレンダーを合わせたソーシャルカレンダーサービス「Zakura(http://zakura.jp/)⁠などを運営しています。また,Zakura等から得たノウハウを活用して「APOZ」というアフィリエイトの不正登録を排除する最適化のシステムや,飲食店向けのポイントシステムなど,主に新規事業開発を行っている会社です。Webサイトを制作する会社なのでAPIを使う場面はもちろんあります。APIの利用は今どきはあたりまえになってきています。

Q:MA4に会社として参加されていますが,どのようなチーム体制で開発されたのでしょうか?また,所要時間などをお教えください。

チーム体制は基本私1人で開発して,あとはデザイナー1名です。所要時間は約1ヵ月で業務時間中に他の業務と並行して開発しました。普段は新規事業の立ち上げという締切のない仕事が多い中,締切があるものに取り組むことでサービスをきちんと世に出すきっかけになります。

著者プロフィール

佐藤有美(さとうゆみ)

Kurukuru Stone 有限責任事業組合所属。Webコミュニケーションプロデューサー。

所属:Kurukuru Stone 有限責任事業組合

著書:Web担当者を育てるコミュニケーション力』技術評論社(共著)

コメント

コメントの記入