Start! MacBook

第6回 サーバでの開発環境[後編]―Carbon Emacs

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回は,サーバ開発環境の前半としてMacFUSE+sshfsを導入し,SSHでログインできるサーバを,ローカルにマウントして,あたかも手元のMacのHDDのように扱うことができるようになりました。今回はCarbon Emacsの導入について紹介します。

Carbon Emacs

マウントしたディレクトリ内のファイルは,ターミナルの中でデフォルトのEmacsを起動して編集することができます。しかし,ターミナルは,文字コードまわりの設定や文字化けなど若干日本語環境に弱いところがあります。また,メタキーがキーではなくキーなのでそのままでは使いづらかったりします。そこで,ターミナルとは独立で動くアプリケーションとしてのEmacsがほしくなります。WindowsにおけるMeadowのようなものです。

という話を知人にしていたら,Mac OS XではCarbon EmacsがMeadowに相当するものであると教えてもらったので,入れてみました。結果として大満足です。

インストール

以下,インストール手順を説明します。まず,Carbon Emacsのサイトからパッケージをダウンロードして,展開します((図6))。

図6 Carbon Emacsのパッケージの中身

図6 Carbon Emacsのパッケージの中身

そして,[Emacs]アイコンを[アプリケーション]フォルダにドラッグ&ドロップします。以上でインストールは完了。アイコンクリックかターミナルでopen -a Emacsを実行すると起動します((図7))。

図7 open -a Emacsで起動

図7 open -a Emacsで起動


ということで,現在はサーバ上のアプリ開発は,sshfsでマウントしたディレクトリ内のファイルをCarbon Emacsで編集するというスタイルで行うことが多くなっています。

おわりに

今回は,MacFUSE+sshfsを導入して,ローカルのツール(Carbon Emacs)でサーバ側の開発を行うという環境を紹介しました。UNIX環境に慣れた筆者としては,NFSみたいなsshfsは自然で扱いやすく,改めて「Mac OS XはUNIXマシンなんだなあ」と感じました。

さて,次回は「バックアップ」について書きたいと思います。突然のトラブルに備えてバックアップは必須です。安心してMacを使うための手軽な方法を紹介する予定です。

Column MacBookデビューから数ヵ月で変わったこと

MacBookデビューから数ヵ月経過しました。最初は慣れないことが多くて四苦八苦でしたが,今では日常のおもな作業はMacBookでこなすようになっています。もちろん,まだWindowsに依存した処理も残っているので,現在は両方のマシンを並列に使っている状態です。

iMovieの動画編集はピカイチ

さて,そんななか,何に一番Macを活用しているかというと,やはりなんといってもiMovieでの動画編集です。Windowsではフリーにしろ付属のものにしろ,このレベルの動画編集ソフトはなかなかありません。動画編集というのは,今現在Macならではの使い方だと思います。ムービー作成は,MacBookを買ってからの新しい趣味として筆者の中で深く定着しています。

図A 撮影の様子

図A 撮影の様子

前回のiMovie紹介記事の時点注1ではデジカメの動画機能を使っていたのですが,その後SANYOのXactiというデジタルムービーカメラを入手しました((図A))。とにかく手軽に動画が取れるのが特徴で,いつでもどこでも撮影する習慣がつきました。

おかげで,今まではデジカメの静止画で済ませていた場面も数秒の動画で撮るようになってしまいました。これらをつなげた短いムービーをYouTubeなどの動画共有サイトにアップし,自分のブログ記事に貼り付けて利用しています。数枚の写真で済むようなブログ記事ネタなら今までどおりの静止画で十分なのですが,イベントのレポートや飲み会の様子やそのとき食べたものなどをネタにブログ記事を作成するときには,何枚もの写真をちまちまアップするよりも一つムービーを作ってアップする方が良いということに気が付きました。音も入りますし,なんといっても伝わる臨場感が違います。

あと,Xactiでは撮影した動画ファイルが非常に小さいくなるのがうれしいです。ワンセグに使われている方式で高圧縮されているそうです。ファイル転送やiMovieへの取り込みなどにかかる時間が大幅に短縮され,編集にかかる時間がかなり削減できています。その結果,筆者のYouTubeのページは動画でいっぱいになっています! いまや2~3日に1本くらいのハイペースでアップしています。

連載当初は予想しなかった展開に

なお,7月30日,アップルストア銀座で開催された「ブログと動画」セミナー注2に,なんと筆者が講師の一人として登場させていただき,iMovieによる動画編集について解説しました((図B))。半年前にはMacをほとんど触ったことのなかった筆者ですが,これはある種の快挙です!詳細は次回のコラムでご報告したいと思います。

図B セミナーの様子

図B セミナーの様子

 注1)
 本連載の第3回MacBookで楽しい動画ライフ iMovieでサクッと動画編集!をご参照ください。
 注2)
 http://chalow.net/2007-07-18-1.html
 http://agilemedia.jp/blog/2007/07/amn_12.html

著者プロフィール

たつを

Web日記時代から足掛け10年以上ブログを書き続ける自称「ご長寿ブロガー」。週末はホリデープログラマとしてWdbアプリ開発に勤しむ。

URLhttp://start-macbook.net/(スタート! マックブック)

コメント

コメントの記入