gihyo.jp×東京Node学園祭2011コラボ企画―「東京Node学園祭2011」の見どころ教えます!

第3回 Node Knockout

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

はじめに

Node.jsは「サーバサイド JavaScript」環境として,近年のブラウザ上で動作するクライアントサイドJavaScriptの盛り上がりに合わせて,急速に注目を集めています。日本においても,Node.js日本ユーザグループの登録者は,すでに800人を超えており,さまざまなブログや技術系サイトで取り上げられたり,雑誌に記事が掲載されたり,実際のサービスで利用が開始されるなど,大きな盛り上がりを見せています。

第3回目の本記事では,Node Knockoutというなんとも素晴らしいハッカソンを紹介したいと思います。

Node Knockoutとは?

Node Knockoutとは,Node.jsを使って48時間でアプリケーションを作ることで競うハッカソンです。去年から毎年開催されており,今年の8月に二度目が開催されました。今年はNode.jsが大きく注目されていることもあり,294ものチームが参加し,参加者の数は720人にもなりました。

なぜ素晴らしいのか?

Node Knockoutが素晴らしい理由は幾つかありますが,二日間Node.jsを使って好きなコードを書ける,というのは大きいでしょう。それに加え,作ったアプリケーションをデプロイする環境は提供され,他のチームと集まってコーディングしたい場合は世界各国に集まれる場所が提供されており,有名な企業に務める175名もの審査員に自分の作ったアプリケーションを審査してもらえるのです。このような恵まれたハッカソンは見逃すわけにはいきません。

今年は,日本人のチームも10チームほどありました。Node.js日本ユーザグループも,東京で参加者が集まれる場所を用意しようという主旨のもと,東京Campを開催し,5チーム程が集まりました。

ルール

ハッカソンと言えど,優勝したチームには賞品が用意されています。よって,それなりのルールが定められています。概要は以下の通りです。

  • アイデアやコーディングスタイルなどの話し合いは事前に行なってもよいが,コードを書くのはハッカソンの期間中の48時間のみ!
  • チームは4人まで。
  • コードはすべて,GitHubのレポジトリで管理する。
  • JoyentHerokuLinodeから選んで,そこにデプロイする。
  • 作るアプリケーションはウェブアプリケーションである必要はないが,Webアプリケーションでない場合は審査が難しい場合があるので,公平な審査を求めるのであればWebアプリケーションが無難。
  • ライブラリ,プラグイン,モジュールは,公で自由に使えるものであれば使っても良い。

審査員

Node Knockoutが素晴らしい理由の1つに,審査員が豪華であるという事が挙げられます。LinkedIn,Mozilla,Heroku,Joyent,Twitter,Google,Dropbox,Twilio,Sequoia Capital,SimpleGeo,Microsoft,LearnBoost,Yammer,Facebook,Couchbase,Walmart,GitHub,Adobe,TwitPic,myGengo,Shopifyなどと言った有名な企業に務めている方々が,今年は175名も参加しました。こんな豪華な審査員に,自分のアプリケーションを見て貰えるチャンスはなかなかないでしょう。自分のアイデアを試す良い機会です。

審査方法

48時間後,約一週間が審査の期間と設けられています。その期間中に,各チームは以下のカテゴリに対して5段階評価で審査されます。

  • Utility/Fun - 何度も使いたくなるようなものかどうか。
  • Design - 使うにあたってのルックアンドフィールはどうか。
  • Innovation - アイデアはどのくらいオリジナルなものか。
  • Completeness - どれくらい完成されているか。

審査できるのは,審査員と参加者のみですが,誰でも投票できる公からの投票も行われます。公からの投票は,⁠Popularity⁠として,チームの最終的な得点に加算されます。審査の期間中は,審査員や参加者が評価と共にコメントを残してくれる事があります。気づかなかったこと,改善できる点など,これらのコメントは色々勉強になります。

これらの審査の結果,以下の7つのカテゴリに対して勝者が選ばれます。

  • Overall Solo - 総合的に一番評価が高かった,チームメンバがひとりのアプリケーション
  • Overall Team - 総合的に一番評価が高かった,チームメンバが複数人のアプリケーション
  • Popularity - 一番人気が高かったアプリケーション
  • Utility/Fun - 一番何度も使いたくなるアプリケーション
  • Design - 一番ルックアンドフィールが優れているアプリケーション
  • Innovation - 一番アイデアがオリジナルなアプリケーション
  • Completeness - 一番完成されているアプリケーション

著者プロフィール

高木敦也(たかぎあつや)

RevolutionPrep勤務。

ジェット推進研究所で4年半勤務した後,スタートアップな職場環境に憧れ,今年の4月から現職。Node.jsの本を執筆中。Node.jsを使ったWebブラウザ間でファイル転送を可能にするtensoid,gitでコミットした時に写真を撮り共有するcommithubなどで遊んでいる。音楽が大好き。

Ttwitter:@atsuya

ブログ:ATSUYA'S POSTEROUS

コメント

コメントの記入