OpenStack Days Tokyoの歩き方

第3回 ますます関心の高まるOpenStackを体感!「OpenStack Days Tokyo 2015」レポート

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

第3回目となるOpenStack専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2015」が2月3,4日,品川において開催されました。前回よりも規模が拡大され,来場者もユニークで2,000名,延べ3,000名を数えたといいます。10月には国際カンファレンス「OpenStack Summit Tokyo」の開催を控え,ますます注目度の上がるカンファレスをレポートします。

満員となったキーノート会場

満員となったキーノート会場

興味,導入ともに高まるOpenStack

2015年2月3日および4日,グランドプリンスホテル新高輪においてOpenStack専門カンファレンス「OpenStack Days Tokyo 2015」が開催されました。大雪に見舞われた前回とは異なり,今回は2日間とも好天に恵まれ,多くの方が会場に詰めかけました。挨拶に立った本カンファレンスの実行委員長であるビットアイルの長谷川章博氏は,OpenStack Days Tokyoが3回目を迎え,参加者,スポンサー,コンテンツのすべてが増えていると説明しました。

OpenStack Days Tokyo実行委員長 ビットアイル 長谷川章博氏

OpenStack Days Tokyo実行委員長 ビットアイル 長谷川章博氏

事前登録者数は2842名で,前回の約1600名を大幅に更新しました。また,スポンサー,コンテンツともに43と,これまでで最も多くなっています。さらに長谷川氏は事前に行ったアンケートの結果を紹介,今回の参加者のうち,OpenStack Daysに初めて参加するという人は78%と約8割を占め,興味が高まっているとしました。

画像

OpenStackの導入状況では,すでに23%が導入しており,1年から数年の間に導入予定とする回答を合わせると約半数に達し,OpenStackが広がりを見せているとしました。長谷川氏は「OpenStackがいろいろな業種,業態で有効なことが周知されてきた。わたしたちもニーズに応えるために努力を続けていく」と述べました。さらに10月26日から30日に国際カンファレンス「OpenStack Summit Tokyo」が日本で初めて開催されるので「ぜひ,見て聞いて体験してOpenStackの今を感じて欲しい」と挨拶を締めくくりました。

「東京で再びお目にかかれる日をワクワクして待っている」

カンファレンス1日目のキーノートセッションには,OpenStack Foundation ⁠ファウンデーション)のCOOであるMark Collier(マーク・コリアー)氏が登壇,⁠OpenStack Mission Update」として講演を行いました。Collier氏は,OpenStackは高い拡張性によってパブリッククラウド,プライベートクラウド双方の要件を満たすユビキタスを目指しており,⁠月に行くほどではないが」非常に大胆なミッションを掲げているとしました。

OpenStack Foundation COO Mark Collier氏

OpenStack Foundation COO Mark Collier氏

また,すべての企業がソフトウェア企業になるというITの大きな変革が起きており,スタートアップ企業と協業するケースも増えている中で,OpenStackは変革のエンジンとして価値を生み出していくと述べました。そしてOpenStackの歴史を振り返り,2010年7月にOpenStackがラウンチしたときは,25名のデベロッパーでサミットの参加者は75名という状況で,謙虚で小さなチームから始まりました。プラットフォーム「NOVA」は18000行で,それを取り巻く「Swift」があるという初歩的なプロトタイプであったとCollier氏は振り返ります。

それから5年後の2015年には,デベロッパーは100倍,サミットの参加者は5000名に拡大し,コミュニティでベストプラクティスを共有して興味深い問題をみんなで解決できるようになったといいます。また,導入事例としてWELLS FARGO,ディズニーを紹介。そしてOpenStackの特徴として「デザイン,デベロップメント,コミュニティ,ソースの4つの「オープン」⁠⁠安定したコア」⁠⁠イノベーションのエンジンになる」の3点を紹介しました。

さらに次のステップとして,⁠コアの再定義」⁠ダウンストリームプロダクトのテスト」⁠さらに詳細な情報の提供」⁠ワーキンググループによりユーザーの要求,ケース,ベストプラクティスの共有を推進する」の4点を挙げました。Collier氏は,⁠いろいろな取り組みがあるので,関わっていただける分野は必ずある」としました。最後にOpenStack Summit Tokyoについて紹介し,⁠東京で再びお目にかかれる日をワクワクして待っている」と期待を寄せました。

コメント

コメントの記入