OSSデータベース取り取り時報

第50回 OSC .Enterpriseにて特別セミナー開催, Oracle OpenWorld 2019でのMySQL関連の話題,PostgreSQLはイベントからの関連情報

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

この連載では,OSSコンソーシアム データベース部会のメンバーが,さまざまなオープンソースデータベースの毎月の出来事をお伝えしています。2015年の連載開始から4年を超え,ついに50回目を迎えることができました。読者の皆さんや連載にご協力いただいた皆さんに,心よりお礼を申し上げます。

今回,MySQLは「Oracle OpenWorld 2019」でのMySQL関連の話題をご紹介します。PostgreSQLでは,9月末に開催された「db tech showcase」での関連情報をピックアップします。

[お知らせ]「企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況」を開催

はじめにお知らせが一点。10月10日(木⁠⁠,東京,渋谷で開催される「オープンソースカンファレンス2019 .Enterprise」で特別企画セミナーを開催します。タイトルは前回のお知らせから少し変わりましたが,なんとか実現しました。

【タイトル】

企業ITシステムのモダナイゼーションとデータベース最新状況 ~ もちろんOSS視点で ~

【概要】

OSSの主要2団体による⁠エンタープライス⁠っぽい共同企画として,企業ITに使えるOSSの最新状況をお伝えします。今回はITモダナイゼーションの観点からopensource COBOLのOSSデータベース接続やDockerコンテナ対応の話と,代表的なOSSデータベースの最新情報をパッケージにしました。企業ITシステムのプラットフォーム選択の一助としていただけると思います。オープンソースカンファレンスですから,遠慮とか大人の事情でカドが取れてしまうことが無い,ここでしか聞けない話を仕入れていただけるのではないかと思っています。

【内容と発表者】
[1] ITモダナイゼーションとOSSデータベース
講師:井坂 徳恭 ⁠東京システムハウス,OSSコンソーシアム/オープンCOBOLソリューション部会)
[2] MySQL最新情報
講師:稲垣 大助 ⁠Oracle Corporation MySQL GBU,OSSコンソーシアム/データベース部会)
~ 休憩&雑談会 ~
[3] PostgreSQL最新情報
講師:北山 貴広 ⁠SRA OSS Inc. 日本支社,OBCI)
[4] MongoDB最新情報
講師:有延 敬三 ⁠MongoDB)
司会&火付け役:溝口 則行 ⁠TIS,OSSコンソーシアム副会長,OBCI副理事長)

参加エントリはオープンソースカンファレンス2019 .EnterpriseのWebサイトからお願いします。

OSC .Enterprise セミナー登壇者

OSC .Enterprise セミナー登壇者

[MySQL]2019年9月の主な出来事

2019年8月はMySQLの製品アップデートはありませんでした。

米国サンフランシスコで開催された「Oracle OpenWorld 2019」および「Oracle Code One 2019」では,40近いMySQL関連のセッションが用意されていました。日本からの事例講演として,フリマアプリ「メルカリ」のSRE(Site Reliability Engineering)チームの佐々木様が登壇されました。このほか米国 JPモルガン・チェース銀行傘下の支払いゲートウェイサービスWePayや,FacebookでのMySQLの利用事例講演,MySQL開発チームによるディープなセッションが展開されていました。

Oracle OpenWorld 2019でのMySQLの話題

事例講演以外でもいくつか新しい発表がありました。MySQLサーバー関連では,次のMySQL 8.0.18でついにHash JOINが追加されることや,実行計画のより詳細な情報が得られるEXPLAIN ANALYZEが追加されることが発表されました。分散型データベースクラスタのMySQL NDB Cluster 8.0はより大規模なデータに対応し,最大4ノードまで同一データの複製を持つことができるようになります。リリースに向けて順調に開発が進められており,8.0.18 RCのリリースが近付いています。

MySQL Enterprise Editionの透過的データ暗号化は,パスワード付き暗号鍵ファイルに加えて外部の鍵管理ソリューションに暗号鍵を置くことができます。これまではKMIP 1.1対応のOracle KeyVaultAWS KMSに対応していましたが,HashiCorpのVaultにも対応する旨が発表されました。

なおこれらの発表内容は,11月7日東京,8日大阪で開催される「MySQL Innovation Day 2019」にて,MySQLエンジニアから詳細をご紹介予定です。

Mercari meets MySQL Analytics Service

フリマアプリでおなじみの「メルカリ」の登壇では,大規模データ分析基盤として開発が進むMySQL Analytics Serviceを,世界でもいち早くテストされた状況について,というテーマの元,実際の環境で実行されているSQL文の性能比較を紹介していました。メルカリでは出品される商品や取引情報を基本的にMySQLサーバーで管理しています。

2013年の創業以来,圧倒的な速度で成長を続ける同社では,迅速なビジネス環境の変化に対応し続けるためにエンジニアに限らず社員全員がデータを分析できる教育を行い,経営からマーケティング,キャンペーンの設計やユーザーのサービス利用動向など,幅広く多様なレベルでのデータ分析を行っています。出品される商品や取引に不正がないかの観点でのデータ分析も重要となっています。

データ分析基盤として,メルカリでは個人を特定できる情報を匿名化したデータをMySQLに格納し利用しています。一方で,分析処理によってはMySQL上での処理時間が大きくなりすぎてしまうため,独自開発したETLツールでGoogle BigQueryにデータを定期的に同期をかけて分析しています。

講演では,このETLのメンテナンスやGoogle BigQueryへの同期処理でのデータの重複などの課題を解決できる可能性のある製品として,MySQLのレプリケーションだけでデータの同期が行えるMySQL Analytics Serviceを使った構成に注目した点が強調されていました。

複数のJOINがあるクエリや特定の条件に該当するうちの上位n件のレコードを抽出するTop-Kクエリでは,オンプレミス環境のMySQLのみならず,Google BigQueryに対してもMySQL Analytics Serviceが大幅な性能向上を見せており,佐々木様からMySQL Cloud Serviceの開発チームに対して一刻も早く正式なサービス提供を開始して欲しいと要望されていました。

著者プロフィール

梶山隆輔

MySQL Sales Consulting Senior Manager。

日本オラクル(株)において,MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なMySQL部門にて,オーストラリア,インド,台湾などに在籍するチームメンバーを束ね,アジア太平洋地域の25以上の国や地域でのMySQL普及やビジネスの拡大をミッションとする。


溝口則行(みぞぐちのりゆき)

TIS株式会社

OSSコンソーシアム副会長,オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)副理事長。その他,PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(PGECons),日本OSS推進フォーラムなどにも少しずつ関与。勤務先メンバに,PostgreSQL,Zabbix,Ansibleやコンテナ技術などに強みのある癖のある芸人を抱え,タレントマネージャ業が中心になりつつある。