リクルートライフスタイルの技術力を追え!

第1回 [インフラ編]柔軟性とスピードの両立を目指してクラウド活用を決断

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

「じゃらん」「ホットペッパー グルメ」を始め,数多くの大規模サービスを展開するリクルートライフスタイルでは,⁠ギャザリー」図1などの新サービスの提供も積極的に進められています。ビジネスを拡大し続ける同社にとって,その足元を支えるインフラ環境の見直しは急務となっていました。そこで目をつけたのがパブリッククラウドです。今回,株式会社リクルートライフスタイルの山崎賢氏写真1)⁠そして小林智則氏写真2に,パブリッククラウドを活用することに決めた経緯や今後の展望などについてお話を伺いました。

画像

迅速にサービスを立ち上げられるスピード感が魅力

――リクルートライフスタイルでは,いくつかのサービスでパブリッククラウドサービスを積極的に活用し始めているとのことですが,なぜでしょうか。

山崎氏:とにかく便利だったということが1つです。今後のITの進化を考えると,ソフトウェアのレイヤからインフラを制御する方向に進んでいくでしょう。その先駆けがパブリッククラウドサービスだととらえています。

インフラを運用する,その中で何らかの設定を変えるといった作業を支援するサービスは,パブリッククラウド側が提供しています。それらを積極的に活用することで,迅速に新規ビジネスを立ち上げられる。そういったスピード感が魅力になっています。

――AWSを利用されているそうですが,グローバルでも,また日本国内においても多数のサービスが提供されています。その中からAWSを選んだ理由はどういった部分にあるのでしょうか。

山崎氏:AWSは圧倒的なシェアを持つことに加え,ほかのパブリッククラウドサービスと比べると機能の網羅性の観点でも一歩先に進んでいると評価しています。それと実績ですね。とくに大規模なサービスの展開を考えると,やはり実績がなければ不安が残ります。その点AWSであれば,グローバルな大規模サービスで利用されていますし,国内においても他社の大規模サービスがAWSに完全移行したといった事例もあります。こういった実績もAWSの採用を決めた理由の1つです。

図1 昨年リリースされたキュレーションマガジン「ギャザリー」

図1 昨年リリースされたキュレーションマガジン「ギャザリー」

既存インフラのパブリッククラウドへの移行可能性を検討

――現状はAWSをどの程度利用されているのでしょうか。

小林氏:現時点では,おもに新規サービスで積極的にAWSを活用しています。大規模サービスについては,リクルートテクノロジーズが運用しているデータセンターで,物理サーバを使って運用しています。

山崎氏:ただ大規模サービスについても,今後パブリッククラウドへ移行できないか考えてはいます。大規模サービスの運営にも十分に耐え得る,リクルートライフスタイル独自のインフラ基盤が構築できないかを検討しています。

――移行を検討されているということですが,もはやオンプレミスにメリットはないという判断でしょうか。

山崎氏:もちろん,たとえばすでにサーバがある場合,コスト面でオンプレミスに分があるケースもあるかもしれません。また,もう1つあるとすればセキュリティでしょう。オンプレミスを前提としたセキュリティポリシーがあり,そのポリシーへの準拠が求められるといったケースです。長らく運用されてきた社内のルールは,すぐには変わらないでしょう。そこでオンプレミスという選択になることはあると思います。

上位レイヤやインフラの境界線をなくす

――現状のAWSの利用形態について教えてください。

小林氏:既存のものに関しては,Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)やAmazon Relational Database Service(RDS)をそのまま箱として使っているのがメインです。今後は,AWSの使い方をさらに進めて,Amazon OpsWorksやAWS CodeDeployといった機能を活用したいと考えています。

――開発効率やコスト面から判断し,積極的にAmazonのサービスを利用していくということでしょうか。

小林氏:基本的にはそうですが,その1つの上のレイヤにはリクルートライフスタイル自身が管理できるインフラという概念があります。そこでパブリッククラウドを使うという形になっているわけです。ここで目指しているのは,1人のエンジニアが上位レイヤの開発からインフラの設計までを担える環境の提供です。

たとえばトラブルが発生し,それに対処するといったことを考えたとき,誰が主体的になって動くかあいまいになることは多いと思います。アプリケーションエンジニアが対応するのか,それともインフラ側で対策を講じるのかが明確でないと,誰かが解決するだろうという状態になってしまう。これは避けなければなりません。そのため,アプリケーションに強い,インフラが得意だといった違いはあっても,その境界線をなくしていくことを目指しています。

山崎氏:サービスやアプリケーション側とインフラ側の境界線は今後なくなっていくだろう,と。それを実現してくれるのが各種パブリッククラウドサービスではないでしょうか。その中で,たとえばアプリケーションエンジニアはパブリッククラウドサービスを効率よく利用することが求められるようになるでしょう。リクルートライフスタイルのエンジニアもそうなるべきだと思っています。

コメント

コメントの記入