Redmineを運用するためのイロハを身につけよう

第2回 新機能の詳細と使い方の紹介

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回は,最新バージョンの新機能の紹介と,インストール手順およびバージョンアップ手順について紹介しました。

今回は,前回紹介した新機能の使い方について紹介します。

本題に入る前に,少しだけ先日のバージョンアップについての話題です。

前回の掲載直前に,Redmineの新バージョンである0.6.4がリリースされました。このリリースでは,主にバグフィックスを中心としたリリースになっており,以前のバージョン(0.5.1および0.6.3)から,最新バージョン(0.6.4)へのインストールおよびバージョンアップ手順については,前回ご紹介したものから変更はありません。

はじめに

まずは,以前のバージョン(0.5.1)と最新バージョン(0.6.4)ではデザインが大幅に変更されているため,トップページのデザインを確認しておきます。

操作説明のために,画面の構成要素を次のように定義します。

トップメニュー画面最上部に並んでいるメニュー部分
タブメニュータイトルの下部にならんでいるメニュー部分
コンテンツエリア画面中央のコンテンツが表示される部分
サイドエリア画面右部に表示されている部分

バージョン0.6からは,システム管理者がプロジェクト全体の設定を行う場合はトップメニューの「管理」から変更を実施し,プロジェクト管理者によるプロジェクト毎の設定はタブメニューの「設定」から変更を実施するようになっています※1)。

トップページのデザイン

トップページのデザイン

※1)
管理者権限の無いユーザでログインされている場合は,トップメニューに「管理」の項目は表示されません。

新機能の使い方紹介

それでは早速,前回に紹介した新機能の使い方を解説していきます。

「問題」の登録と変更

「問題」の登録方法が以前のバージョン(0.5.1)から変更されていますので,その使い方をはじめに解説します。

サイドエリアの新しい問題の下部にプルダウン形式の「トラッカー」があります図:トップページのデザイン参照)。そこで登録する問題の「トラッカー」を選択することで,新しい「問題」の登録画面へ遷移します。新しい問題の登録の画面に遷移したら,以前の登録方法と同じように担当者や題名,説明等を入力します。

バージョン0.5.1と比較すると,問題登録フィールドに「予定工数」が追加され,進捗率のグラフ表示や「新しいカテゴリ」の追加機能が加わっています。

新しい問題の登録

新しい問題の登録

「問題」の一括編集

次にバージョン0.6から追加された一括編集機能について解説します。

以前のバージョン(0.5.1)では,複数の「問題」に対してステータスの変更を加える場合も,1つずつ「問題」を編集して変更する必要がありました。バージョン0.6からは,それらを一括して編集することが可能となっています。

タブメニューで「問題」を選択すると問題一覧が表示されますが,新バージョンでは,それら「問題」の左側にチェックボックスが表示されるようになりました。

問題一覧画面

問題一覧画面

ここで,一括して値やステータスを設定したい「問題」にチェックを入れてから,鉛筆のアイコンをクリックします。

一括編集画面

一括編集画面

すると,一括編集画面が表示されますので,必要に応じて変更したい項目のみ設定してから,「適用」ボタンをクリックすることで,複数の「問題」に対して,一度のオペレーションで値やステータスの変更が可能となっています。

著者プロフィール

安達輝雄(あだちてるお)

TIS株式会社勤務。入社してすぐにRuby on Railsと出会う。現在はJRubyやXenなどOSSを中心に調査・検証をおこなっている。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/interu/


並河祐貴(なみかわゆうき)

TIS株式会社 基盤技術センター所属。オブジェクト指向開発,開発環境・ツール整備に従事した後,近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウェアの検証/導入や,Xenなどのサーバ仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。

ブログ:http://d.hatena.ne.jp/rx7/

コメント

コメントの記入