シンプル&パワフルなPHPライブラリ rhacoを使ってみよう!

第2回 ライブラリとして使うrhaco

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

第1回では,rhacoの概要について簡単に解説しました。今回は,rhacoの機能の一部のみを利用する場合について解説します。「ほかのフレームワークで開発しているアプリケーションの一部機能のみをrhacoを利用して記述する」といったことも簡単にできます※1)。

※1

ただし,CakePHPとは一部クラス名が重複しているため,正常に動作しないことが確認されています。

ダウンロードする

rhacoをインストールする際には,PEARコマンドなどを使用する必要はなく,各自好きなところにダウンロードして展開するだけです。rhaco自体をドキュメントルート以下に設置する必要はありませんが,Apacheの権限で読み出しができる場所へ展開してください。 最新安定版のアーカイブはGoogle Code上で配布しています。

ファイル名のバージョン番号は,パッケージ作成時のSubversionリビジョン番号となっています。不思議に思われるかもしれませんが,細かなバージョニングでのリリースを行わず,リビジョンをベースにある程度の修正ごとにアーカイブが作成されています。現在はrhaco1.6を随時更新しています。

また,常に修正が行われているので,開発版をSubversionリポジトリからチェックアウトして利用することもできます。

svn checkout http://rhaco.googlecode.com/svn/rhaco_1_x/trunk/ rhaco

以下では,rhacoを展開するファイルパスを「/path/to/rhacoと表記し,「/path/to/wwwが http://localhost/ でアクセスできることとして解説を進めて行きます。それぞれのパスは,各自の環境にあわせて読み替えてください※2)。

※2

たとえば,「/path/to/rhaco「/usr/share/php/rhaco」,「/path/to/www「/var/www/」などとなるでしょう。

フィードパーサーを使う

ライブラリの読み込み

rhacoには,XMLやHTMLを簡単に解析できるライブラリが付属しており,これを使うとPHP4/5で動作するRSSリーダーが簡単に作成できます。

まずはPHPファイル /path/to/www/feed.php を作成し,その中に次のように記述してください。

<?php
require '/path/to/rhaco/Rhaco.php';
Rhaco::import('tag.feed.FeedParser');

ここでは,まず始めにrhacoの基となるRhaco.phpをインクルードし,rhaco内のライブラリFeedParserをインクルードしています。

Rhaco::import()はrhacoで使用するライブラリを読み込む関数です。Rhaco::import()を使うことで,パスを気にすることなくrhaco内のライブラリを読み込むことができ,気にしなければならないのはRhaco.phpのパスのみとすることができます。

Rhaco::import()には,ディレクトリ構造を「.」(ドット)で連結した文字列を渡します。この場合,「tag.feed.FeedParser」の実体は「/path/to/rhaco/tag/feed/FeedParser.php」に存在します。

RSSを読み込む

それでは早速,フィードパーサーで実際のRSSを読み込んでみましょう。feed.phpを次のように書き換えてください。

<?php
require '/path/to/rhaco/Rhaco.php';
Rhaco::import('tag.feed.FeedParser');
Rhaco::import('util.Logger');

$items = FeedParser::getItem('http://gihyo.jp/feed/rss1');
Logger::d($items);

FeedParser::getItemによって,$itemsには対象のフィードを解析してRssItem20オブジェクトに変換されたものの配列が入ります。Logger::dは,var_dumpとほぼ同じです。このファイルを実行すると,ダンプした結果が出力され,$itemsにフィードのデータが入っていることが確認できます。

著者プロフィール

佐藤佳祐(さとうけいすけ)

北海道の大学に在籍し,現在は絶賛就職活動中。nequalに所属し,PEARリポジトリサービス「Openpear」開発を担当。最近はrhaco2と格闘する日々。お仕事の話,待ってます。

URLhttp://riaf.jp/

コメント

コメントの記入