シンプル&パワフルなPHPライブラリ rhacoを使ってみよう!

第3回 アプリケーションの開発をはじめる

この記事を読むのに必要な時間:およそ 4 分

これから数回に分けて,簡単なToDo管理アプリケーションを開発していきます。今回は,その準備となるセットアップ機能を解説します。

rhacoのダウンロードは既にされていることとして話を進めます。まだダウンロードしていない方は,第2回「ダウンロードする」の項を参考にしてください。また,rhacoのパスなどは引き続き第2回と同様であることが前提です。

セットアップフレームワーク

rhacoでは,アプリケーションを作る際に,前回説明したようにそれぞれのライブラリを単体で使うこともできますが,セットアップアプリケーションを使用するのが普通です。

セットアップアプリケーションを使ってアプリケーションを作ると,共通の設定フレームワークが使えるので,様々な環境に対応するアプリケーションを簡単に作成することができます。

rhaco では,ブラウザを利用して開発を進めることができますが,公開サーバーで開発をすることはおすすめできません。できる限りローカルに開発環境を用意して,開発を進めるべきです。

また,ブラウザからセットアップアプリケーションを動作させる際は,サーバーで動作するPHP(Apache等)に書き込み権限が必要です。XAMPPやMAMPPを利用すると,サーバーがユーザー権限で動作し,書き込み権限を気にせず開発が可能なので,おすすめです。

アプリケーションの土台を作る

それでは,アプリケーションの土台を作るための準備をしましょう。まず,アプリケーションを設置するディレクトリを作成します。

この例では,kaeruディレクトリを「/path/to/wwwに作り,その中にダウンロードしたrhacoのパッケージからsetup.phpをコピーします。

シェルの操作例

$ mkdir -p /path/to/www/kaeru
$ cp /path/to/rhaco/setup.php /path/to/www/kaeru

http://localhost/kaeru/setup.php にアクセスしてください。セットアップアプリケーションが表示されます。

画像

ダウンロードしたrhacoのパスを入力して送信します。すると,ベースとなるファイルやディレクトリが自動で生成されます。

画像

これで,アプリケーションを開発するための準備は完了です。

setup.phpは,コマンドラインからも操作することができます。どうしても権限が解決できない場合や,日頃からコマンドラインを利用して開発をしている方はこちらのほうが便利でしょう。

project.xml

テキストエディタで setup/project.xml を開いてください。これが,セットアップアプリケーションでは最も大事なファイルになります。XML形式でアプリケーションの設定やデータベース定義などを行います。

DB設計

rhacoは,テーブル設計を細かく指定することで,insert/update時などに定義に基づいたverifyを自動的におこない,フォーム入力値のverifyの記述を省略できるようになっています。

このサンプルでは,できるだけいろいろな機能を試してみるために,少し長くなりますが,次のようにproject.xmlを記述します。

それぞれの項目について,解説していきます。

<project rhacover="1.6.1" version="0.0.1" name="kaeru" xmlns="http://rhaco.org" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://rhaco.org http://m.rhaco.org/xsd/project_1_6_x.xsd">
    <database name="kaeru">
        <table name="category">
            <column name="id" />
            <column name="name" />
            <column name="created" type="timestamp" default="sysdate" />
            <default>
                <data><column name="name">仕事</column></data>
                <data><column name="name">連絡</column></data>
                <data><column name="name">買い物</column></data>
                <data><column name="name">恋愛</column></data>
                <data><column name="name">その他</column></data>
            </default>
        </table>
        <table name="todo">
            <column name="id" />
            <column name="category" type="int" reference="category.id" />
            <column name="subject" />
            <column name="description" type="text" />
            <column name="close" type="bool" default="false" />
            <column name="priority" type="int" default="3" size="1">
                <choices>
                    <data caption="blocker">5</data>
                    <data caption="critical">4</data>
                    <data caption="major">3</data>
                    <data caption="minor">2</data>
                    <data caption="trivial">1</data>
                </choices>
            </column>
            <column name="created" type="timestamp" default="sysdate" />
            <column name="updated" type="timestamp" default="sysdate" />
            <default>
                <data>
                    <column name="category" value="5" />
                    <column name="subject">このTODOを削除する</column>
                    <column name="description">自分のTODOを管理する前に,このタスクを削除する</column>
                </data>
            </default>
        </table>
    </database>
</project>

project.xmlは<project></project>で囲まれたXML形式で記述されます。ここでは,データベースの定義を行っています。

このほかに,環境に依存するような設定項目など(汎用的なCMSなどのサイトタイトルなど)も同様に記述することもできます。

著者プロフィール

佐藤佳祐(さとうけいすけ)

北海道の大学に在籍し,現在は絶賛就職活動中。nequalに所属し,PEARリポジトリサービス「Openpear」開発を担当。最近はrhaco2と格闘する日々。お仕事の話,待ってます。

URLhttp://riaf.jp/

コメント

コメントの記入