ソースコード・リテラシーのススメ

第5回 英語に負けるな

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

「つまみ読み」の実例

⁠つまみ読み」が本当に有効なのか,実際の文書で確かめてみましょう。例としてGNU Emacsのinfoファイルの"Introduction"の章を取りあげてみます。紙幅の都合で,以下では各パラグラフの後半を省略していますので,元の文章に興味のある人は,ターミナルでinfo emacsを実行したり,EmacsからM-x info emacsを実行して,全体を眺めてみてください。

  You are reading about GNU Emacs, the GNU incarnation of the advanced,
 self-documenting, customizable, extensible editor Emacs.  (The `G' in
 `GNU' is not silent.)

最初のパラグラフは全体が1つの文なのでざっと目を通してみます。incarnationと言った見なれない単語がありますが,前後を見ると「Emacsは高機能なエディタである(先進的で,自己解説機能を持ち,カスタマイズが容易で...)」と言っていることがわかります。

    We call Emacs advanced because it provides much more than simple
 insertion and deletion.  It can control subprocesses, indent programs
 automatically, show two or more files at once, and edit formatted text.
 ....

このパラグラフでは先頭の文で「Emacsを先進的と呼ぶ理由は,単に挿入と削除といった(エディタに必要な)機能よりもずっと多くの機能を提供しているからである」と,最初のパラグラフで使った"advanced"という言葉の意味を説明しています。2行目以降はそこで述べた「多くの機能」の例をあれこれ羅列しているに過ぎません。

    "Self-documenting" means that at any time you can type a special
 character, `Control-h', to find out what your options are.  You can
 also use it to find out what any command does, or to find all the
 ...

このパラグラフでも先頭の行で,最初のパラグラフにあった"Self-documenting" という言葉を説明し,"Control-h" を押せば,どのようなオプションが指定できるかがわかるということを述べています。2行目以降は,その機能が他にどのような場合に使えるかの補足説明です。

   "Customizable" means that you can alter Emacs commands' behavior in
 simple ways.  For example, if you use a programming language in which
 comments start with `<**' and end with `**>', you can tell the Emacs
 ...

このパラグラフでも,最初のパラグラフで述べた"Customizable"という言葉の意味を先頭の行で説明し(「Emacsのコマンド類の動作は簡単に変更できる」),以下の行ではその使い方の具体例を述べています。

    "Extensible" means that you can go beyond simple customization and
 write entirely new commands--programs in the Lisp language to be run by
 Emacs's own Lisp interpreter.  Emacs is an "on-line extensible" system,
 which means that it is divided into many functions that call each
 ...

同様に,このパラグラフでも最初のパラグラフにあった"Extensible"という言葉の意味を先頭の行で説明し(「単なるカスタマイズに留まらず,新しい機能を追加することも容易」),以下の文ではそれをどうやって実現しているのかの説明になっています。

   When running on a graphical display, Emacs provides its own menus
 and convenient handling of mouse buttons.  In addition, Emacs provides
 many of the benefits of a graphical display even on a text-only
 ...

最後のパラグラフでも,先頭の行で「グラフィックス画面で起動すれば独自のメニューやマウス機能が使える」旨を説明し,次の文以降は「それ以外にもあれもできる,これもできる(In addition,,,)」といった機能を紹介しているに過ぎません。

このように見てみると,この章では最初のパラグラフでEmacsの売り文句(advanced, self-documenting, customizable, extensible)をざっと並べて,それ以降のパラグラフでそれぞれの売り文句をより詳しく説明していく,その説明の仕方も先頭の文でまず大事なことを述べて,それ以降の文では先頭の文への追加や補足の説明をする,という ⁠概要を示してから細部に進む」 構成になっています。

このような構成の場合,細部の説明にこだわると全体の流れをつかみ損ないがちなので,各パラグラフの先頭の数行を読んでいく「つまみ読み」の方が著者の思考の流れを読み取るのに有効と言えます。

英語技術文書では多くの場合,この例のように「概要を示してから細部に進む」という構成になっています。頭からまんべんなく読み進むのではなく,その文書の構成に注意してメリハリを付けて読むことが,英語技術文書を効率よく読むためのコツです。

著者プロフィール

こじまみつひろ

Plamo Linuxとりまとめ役。もともとは人類学的にハッカー文化を研究しようとしていたのが,いつの間にかミイラ取りがミイラになってOSSを仕事にするようになってしまいました。最近はスペシャリスト養成を目的とした専門職大学院で教壇に立ったりもしています。

URLhttp://www.linet.gr.jp/~kojima/Plamo/index.html