これだけはとっておきたい「テスト技術者」の資格

第2回 ITIL version3ファウンデーション

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

本連載では,テスト技術者やテストに関係するSEのスキルアップに役立つ資格を紹介します。第2回は,日本でも資格試験が先日始まったばかりのITIL version3 ファウンデーションをご紹介します。

ITILとは?

ITILとは,IT Infrastructure Libraryの略で,ITサービスマネジメントを体系化し,ベストプラクティスをまとめたフレームワークです。ITサービスマネジメントというとちょっと馴染みがないかもしれませんが,要はソフトウェアやシステムがエンドユーザへ提供する機能は,エンドユーザから見るとITで作られたある種のサービスとして映ります。ASPサービスやSaaSのような,有償で顧客(外部の企業)へ提供しているようなサービスがイメージしやすいかもしれません。ITILでは特に社外に限らず,提供するソフトウェアやシステムをITサービス,さらにヘルプデスクや障害対応などITサービスを提供するための人の活動も含めサービスとしてとらえます。

ITILと聞いて,「オヤッ?ITILってITインフラ担当者やシステム運用担当者のためのもので,テスト技術者が何で関係あるの?」と思われる読者の方もいらっしゃると思います。確かに,これまでのITILバージョン2(通称ITILv2)と呼ばれるものでは,サービス提供のための活動(サービスサポート)や,サービスの質に対する顧客との合意,そしてサービスの質の維持※1活動(サービスデリバリ)に注目が集まりすぎて,関係ないと思われているエンジニアも多くいらっしゃいました。これまで開催されてきたバージョン2のファウンデーション試験も,サービスサポートとサービスデリバリという運用に関係ある所から出題されていたので,このような誤解が生じたのだと思います。

ITILv3では,そのような誤解がないように,そのサービスを戦略的に立案する時から,サービス開始後の継続的な改善,そしてサービス終了までのサービスの一生,これをサービスライフサイクルと呼ぶのですが,このサービスライフサイクルに対する活動を俯瞰できるように再構成がされました。その結果,ITILv3のサービスライフサイクルに対する活動は,図1のように大まかに次の5つのステージとして表現されています。

1.サービスストラテジ
概要:顧客が満足するサービスを分析し,投資やリソース配分も含め戦略として立案する。
(日本語版:TSO発行 ISBN978-0-11-311133-0)
2.サービスデザイン
概要:ビジネスの要求を満たすサービスをデザインする。サービスには開発や調達,あるいはASPのような外部のサービスプロバイダを利用して実現したり,それらを組み合わせる方法がある。
(日本語版:TSO発行 ISBN978-0-11-311134-7)
3.サービストランジション
概要:正しい構成管理や変更管理のもとサービスのテストとリリースをし,サービスを利用できるようにする。
(日本語版:TSO発行 6月末発売予定)
4.サービスオペレーション
概要:ITサービスをSLAに沿って運営する。障害が起きたらインシデント管理や問題管理として対応する。
(日本語版:TSO発行 7月末発売予定)
5.継続的サービス改善
概要:顧客やビジネスのニーズの変化に応じて,必要であればサービスレベルを改善する。
(日本語版:TSO発行 8月末発売予定)

それぞれのステージに対応した日本語版のITILv3の書籍は,すべてitSMFの日本支部に当たるitSMF Japanより販売されています※2)。

図1 ITILv3のサービスライフサイクルの概念

図1 ITILv3のサービスライフサイクルの概念

テスト技術者がITILv3のサービスライフサイクルで関係している例を,サービストランジションから紹介します。

図2はITILv3で,Service V-model to represent configuration levels and testingと呼んでいるものです。この図では,先述のサービスストラテジからサービスオペレーションのステージによってサービスが構成されていくレベルをVの字の左側に示しています。下にいくほど粒度が細かく,ユーザ企業やその情報システム部門であればレベル1から2が関係し,開発するSIerやサービスプロバイダ,あるいは運用担当ベンダであれば,レベル3以下が関係するでしょう。V字の右側は,左側それぞれのレベルでの定義や設計,開発に対して,それが正しく統合されているか?”,あるいは仕様どおり実現されているか?といった確認やテストが示されています。

ここで重要なのは,テストはすでに定義されているあるべき仕様を確認するために行われ,独立して行われる作業ではないということです。たとえ開発プロジェクトのテスト技術者の一員であっても,今,何のために,何を基準にテストを行うのかは理解していなければ,まともなシステムやソフトウェアはできません。そのためにも,ITILv3のサービスライフルサイクルを正しく理解しておくことは有用なのです。

図2 ITILv3のサービスV字モデル

図2 ITILv3のサービスV字モデル

※1)
ITILでは,サービスの質のことをサービスレベルと呼びます。サービスの提供を受ける顧客とサービスレベルについて合意した文書をサービスレベルアグリーメント,略してSLAと呼びます。また,SLAを策定したり継続的に管理することをサービスレベルマネジメント,略してSLMと呼びます。
※2)
The IT Service Management ForumとはITIL普及促進のために設立された非営利団体で,世界30ヵ国以上に支部があります。
itSMF International[URL:http://www.itsmfi.org/
itSMF Japan[URL:http://www.itsmf-japan.org/

著者プロフィール

正木威寛(まさき たけひろ)

(株)オージス総研 PMP。ユーザが期待する品質のシステムを実現するために,ユーザ企業の調達プロセス改善からSIerの開発プロセス改善までを行うプロセスコンサルタントとして活動中。

著書

コメント

コメントの記入