これだけはとっておきたい「テスト技術者」の資格

第3回 PMP──Project Management Professional

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

本連載では,テスト技術者やテストに関係するSEのスキルアップに役立つ資格を紹介しています。第3回は,プロジェクトマネジメントの資格試験であるPMPをご紹介します。

PMPとは?

PMPとは,Project Management Professionalの略で,米国のPMI(Project Management Institute)という団体が行っている,プロジェクトマネジメントに関する知識があることの認定資格です。PMI ※1は世界70ヵ国に250の支部を持つグローバルな団体で,プロジェクトマネジメントに関する知識を体系立てたPMBOKを策定した団体としても有名です。

※1)
 PMI本部[URL:http://www.pmi.org/
 PMI東京支部[URL:http://www.pmi-tokyo.org/

PMBOKは,Project Management Body of Knowledgeの略称で,書籍としていろいろな言語に翻訳されており,日本語版は『プロジェクトマネジメント知識体系ガイド 第3版』(ISBN:1930699751)として販売されています。当初PMBOKは,プロジェクトマネジメントのデファクトスタンダードとして浸透していったのですが,今では米国のJIS規格にあたるANSIで正式に国の規格として認められています。日本のIT業界でも,そのような世界の動きと連動して,システム開発のプロジェクトマネジメントを,PMBOKをリファレンスして進めるケースや,プロジェクトマネジャーに対してPMPの取得や保持を求めるケースが多くなってきています。

テスト技術者とプロマネの関係

ここで,なぜテスト技術者にプロジェクトマネジャー向けの認定資格であるPMPが必要なのかについて説明します。PMBOKではプロジェクトのライフサイクルを図1のように表しています。このプロジェクトライフサイクル中には,プロジェクトを開始する目的が確立し,プロジェクトが組織される立ち上げ”,プロジェクトの計画を立てる計画”,そして計画の実行”,プロジェクトの評価などを行う終結があります。計画と実行が繰り返すようになっているのは,モニター&コントロールによってプロジェクトの実行状況や作業結果が評価されたり,その評価結果に応じて計画が修正されながら実行されていくことを表しています。

図1 PMBOKのプロジェクトのライフサイクル

図1 PMBOKのプロジェクトのライフサイクル

この図はプロジェクト全体のライフサイクルを表していますが,実際のプロジェクトではさらにフェーズ分けされ,それぞれのフェーズについても図2のように同様の段階があります。あるいは図3のように担当工程やサブシステムでチーム分けがされ,それぞれが小さなプロジェクト(サブプロジェクト)として並行して作業を進めることもあります。

このような時にプロジェクトマネジャーが,図2のテストフェーズや,図3のテストチームのマネジメントを上級のテスト技術者に任させることも少なくありません。というのも,テストのマネジメントというのはプロマネ能力だけでなく,どのように統合して,どのようなテスト環境やツールを利用して,どこまでテストしていくかというテスト戦略を練る技術的な知識も併せて要求される特別な仕事だからです。第1回で紹介したJSTQB認定テスト技術者では,このようなテスト技術者をテストマネジャーと呼んでいます。

図2 フェーズ分けされたプロジェクト

図2 フェーズ分けされたプロジェクト

図3 プロジェクトとテストチーム

図3 プロジェクトとテストチーム

PMBOKにおけるテストマネジメント

さらに,テストマネジャーの活動をPMBOKで説明しておきます。PMBOKでは,さきほどのプロジェクトライフサイクル中の立ち上げ”,計画”,実行”,モニター&コントロール”,終結という大まかなプロセスの視点と直交する形で,プロジェクトマネジメントすべき分野を9つに定義しています。これらを9つの知識エリアと呼び,PMBOKでは個々の知識エリアごとに,立ち上げから終結までの活動(プロジェクトマネジメント・プロセス)と必要とされる知識,そこで一般的に用いられるツールと技法を定義しています。

図4は,その9つの知識エリアをテストマネジメントに当てはめたものです。「テストマネジャーは,単に品質だけ考えれば良いのではないか?」と思いがちですが,図4に示している個々の知識エリアに記載したクエスチョンのとおり,9つの知識エリアそれぞれについて計画すべきことと,実行時のモニター&コントロールをいかに行うかを考える必要があります。

図4 PMBOKの9つの知識エリア

図4 PMBOKの9つの知識エリア

ここまで説明したとおり,テストだけの範囲であってもPMBOKのようなプロジェクトマネジメントの知識は不可欠です。よりハイレベルなテスト技術者を目指すならば,PMBOKの知識を有する証しであるPMPをぜひ取得しておきたいものです。

著者プロフィール

正木威寛(まさき たけひろ)

(株)オージス総研 PMP。ユーザが期待する品質のシステムを実現するために,ユーザ企業の調達プロセス改善からSIerの開発プロセス改善までを行うプロセスコンサルタントとして活動中。

著書

コメント

コメントの記入