始めよう!Silverlight

第4回 Silvelright2.0登場

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

Silverlight2.0 Beta1が登場

先週3月5~7日にかけてアメリカのラスベガスでMicrosoftが主催するMIX08が開催されました。MIX08ではIE8やWindows Liveなどに加えて待望のSilverlight2.0のBeat1が発表されました。そこで,今回は当初の予定を変更して,Silverlight2.0についてその主な特徴と機能をご紹介します。

まずはインストール

まずは,Silverlight2.0をインストールしましょう。ランタイムは以下よりダウンロード可能です。

Silverlight1.1αをインストールされている方は,かならず先にアンインストールしてください。

また,同時に開発環境であるMicrosoft Silverlight Tools Beta 1 for Visual Studio 2008Expression Blend 2.5 March 2008 Previewもリリースされています。

日本語が標準サポートされた

まず,なんといっても日本語が標準でサポートされたことでしょう。Silverlight1.0で実際に開発を行っておられて,試行錯誤で日本語を表示されていた方には非常にうれしい内容だと思います。かくいう筆者もその一人です。

論より証拠ということで実際に日本語が表示されるか見てみましょう。システムフォントが使用されるようになったので,問題なく表示されるはずです。前回,作成したメッセージカードアプリをSilverlight2.0がインストールされた環境で起動して,日本語を入力してみてください。いかがでしょうか? 以下のように問題なく表示されたと思います。

画像

では,日本語が入っていないSilverlight埋め込みのフォントを指定して,文字列の中に日本語を含めてみると,どのようになるでしょうか?

<TextBlock Text="Hello こんにちは Silverlight!" FontSize="24" FontFamily="Comic Sans MS" />

画像

コントロールが追加された

また,多数のコントロールが追加されました。RectagleやEllipseなどを組み合わせて,イベントやStoryboardを駆使してコントロールを作っていたSilverlight1.0開発者にとっては非常にうれしい内容です。Silverlight2.0になって大幅にコントロールが追加されました。以下がその追加された一覧です。

System.Windows.dll
Border
Grid
ItemsControl
MultiScaleImage
OpenFileDialog
StackPanel
TextBox
System.Windows.Controls.dll
Button
CheckBox
HyperlinkButton
ListBox
RadioButton
ScrollViewer
ToolTip
RepeatButton
Scrollbar
ToggleButton
System.Windows.Controls.Extended.dll
Calendar
DatePicker
GridSplitter
Slider
WatermarkedTextBox
System.Windows.Controls.Data.dll
DataGrid

著者プロフィール

丸山和秀(まるやまかずひで)

株式会社アークウェイ システムクリエイター。趣味はドラム。社会人になりたてのころは職業はドラマーだと豪語していたが,いつのまにかシステム開発の楽しさにのめりこみ,仕事内容が職業になっていた。パッケージベンダにて金融向けパッケージソフトの開発を行うSEを経て現職へ。現在は研究開発としてRIAに取り組み中。

コメント

コメントの記入