今からスタート! PHP

第1回 PHPをはじめる前に

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2.5 分

この連載では,これからPHPをはじめようと考えている方にむけて,プログラミングのために必要な準備や,基本的なプログラミングの方法などを紹介していきます。筆者もあなたと共にPHPを習得していこうと考えています。どうぞよろしくお願いします。

それでは,これからPHPによるプログラミングを始める前に,PHPとはどのようなものなのかを確認しておきましょう。すぐにプログラミングをしてみたいという方もいらっしゃるでしょうが,まずは確認のためにお付き合いいただければと思います。

PHPの概要

PHPは,Webアプリケーション※1の開発/実行のために用いられるプログラミング言語の1つです。PHPの現在の正式名称は,PHP: Hypertext Preprocessorとなっていますが※2),もともとはPersonal Home Page Tools」という名称がつけられていました※3)。

検索サイトで「PHP」「PHP プログラミング」などというキーワードを検索してみると,多数の日本語サイトが見つかります。ということは,それだけ日本でこの言語を利用しているWebアプリケーション開発者が多く,さまざまな情報が行き交っているということです。これらの情報も本連載と共に活用してPHPを習得していきましょう。

※1)
WebアプリケーションやWebサーバについては,拙稿はじめてのWebアプリケーションなどを参照
※2)
PHPマニュアル序文より
※3)
PHPマニュアルPHPの歴史より

PHPが普及した理由(わけ)

PHPがそれだけ普及した理由については,さまざまな分析がありますが,筆者はそれらを以下のように整理してみました。これから順に説明していきます。

  • a.無償でダウンロード/利用が可能である
  • b.各種のWebサーバ/OSに対応している
  • c.短いプログラミングでもさまざまなな処理が実現できる
  • d.日本語(正確にはマルチバイト文字列)に対応した機能が取り入れられている
  • e.多くの拡張モジュール(拡張機能)が揃っている
  • f.多くのレンタルサーバで利用可能である

a. 無償でダウンロード/利用が可能である

PHPはオープンソースソフトウェア(OSS)と呼ばれるものの1つでもあり,プログラミングを行うために必要なソフトウェアを無償でダウンロードし,Webアプリケーションの開発や実行に利用できます。

その根拠となっているのは,オープンソースライセンス(OSSの使用許可あるいは利用許諾)と呼ばれる,OSSを利用する人が順守すべき規約です。PHPの場合は,PHPライセンス※4という規約に基づいて利用しなくてはなりません。

過去には,PHPに含まれる機能の一部がこの規約に沿っていないのではないかと指摘されたことがありました。バージョンアップなどにより状況は改善されましたが,今後も同じ問題がまったく起きないとは限りません。

また,PHPは後述するように多くの拡張機能が存在し,あらたに作成することもできます。その際に,利用する拡張機能はどんなライセンスか適用されているかに注意を払う必要があります。

PHPの利用にあたって,もうひとつ注意を払わなくてはならないのは,PHPのバージョンです。執筆時現在で利用されているPHPのバージョンは4.xが多いと思われますが,「濃縮還元オレンジニュース」などでも紹介されている通り※5),このバージョンのサポートは本年(2007年)末で終了することが決定しています※6)。このバージョンのPHPを利用している開発者にとって,どのようにすればバージョン5.xのPHPにスムーズに乗り換えられるかは,最近の大きな関心事の1つになっています。

「無償」と引き換えともいえるこのような問題が存在するとはいえ,PHPを利用するにあたって必要になるさまざまな経済的障壁(コスト増)は低く抑えられます。また,技術的に躓(つまづ)きやすいことに関する情報も体験談やFAQなどとして多くのWebサイトに掲載されていますし,無料のプログラミング体験セミナーが開催されることもあります。これらを活用することで,習得のための障壁も低く抑えられるでしょう。

初期段階での障壁が低いことは普及の条件として重要だと思います。

※4)
PHPライセンス原文テキスト,バージョン3.01
OSI承認ライセンス 日本語参考訳PHPライセンス バージョン3.0
※5)
PHP 4のサポート,2007年末で終了原文PHP 4 end of life announcement
※6)
SRA OSS Inc.は,PHP5のセキュリティ関連の修正をPHP4にも適用する有償サービスを始めました(PHP4セキュリティ保守サービス)。

著者プロフィール

沖林正紀(おきばやしまさのり)

SE/プログラマを経て,WebアプリケーションやXMLなどについて雑誌記事や書籍の執筆活動を始める。大手メーカで製品資料の作成や,セミナーの講師を担当したこともある。現在は,取材記事や製品レビューなどに執筆活動の幅を広げる一方,プログラミング教材の開発も手がけている。

著書

コメント

コメントの記入