今からスタート! PHP

第12回 ファイルのアップロード

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Webブラウザから画像などのファイルをアップロードできることは読者もご存知でしょう。ブログのように,文章と画像の両方を同時に投稿するのがあたり前になっているWebサイトも数多く存在します。では,アップロードされたデータをWebアプリケーションではどのように受け取っているのでしょうか。今回はそれについて紹介します。

なお,PHPプログラムでアップロードされたデータを処理するためには,実行環境においてアップロードを受け付けられるように設定されていなくてはなりません。オンラインマニュアルなどで事前にその設定を確認しておいてください。

アップロードのためのフォーム

まず,ファイルをアップロードするためのフォームについて確認しておきましょう。リスト1に画像とそのタイトルを投稿するフォームの例を示します。それをWebブラウザに表示させたものが図1です。このフォームにはポイントが3つ隠れています。

リスト1 画像とそのタイトルを投稿するフォームの例

<form method="post" action="<?php echo $_SERVER[ 'PHP_SELF' ]; ?>"
      enctype="multipart/form-data"><div>
  <input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE" value="1000000">
  タイトル<input type="text" name="title" size="50"><br>
  画像<input type="file" name="picture">
  <input type="submit" value="登録">
</div></form>

図1 リスト1の画面表示

図1 リスト1の画面表示

以下にそのポイントを示します。

  1. <form enctype="multipart/form-data" method="..." action="...">
  2. <input type="hidden" name="MAX_FILE_SIZE"
    value="アップロード可能な最大容量(バイト単位)">
  3. <input type="file" name="...">

1.3.は,ファイルをアップロードする時には最低限必要なHTMLの記述です。

その中で1.は,このフォームからファイルがアップロードされることを示すenctype属性です。他のmethodやactionなどの属性ももちろん必要ですが,アップロードを行う場合はenctype="multipart/form-data" を忘れずに記述しましょう。

2.はPHPプログラムによりデータを受信する場合に必要なもので,アップロード可能な最大の容量を設定するための記述です。容量を示す値はvalue属性にバイト単位で記述します。この値はPHPの実行環境における設定を上回ることはできません。また,このHTMLタグは3.より前に記述しなくてはなりません。

サーバ側には記憶容量や通信時間などの制限がどうしても必要な場合が多いと思いますが,しかしWebブラウザ画面上でアップロードしてよいファイルを選別することはできません。そこで,このような方法で制限するようになっているわけです。

そして3.は実際にアップロードされるデータやファイル名をPHPプログラムに送信するフィールドとなります。Webブラウザの画面上ではファイル名しか指定しませんが,後述するように,実際にはさまざまなデータが送信されます。なお,PHPプログラムでこれらの受信するには,name属性も記述しておかなくてはなりません。

PHPプログラムでのデータ受信

前述のフォームを通じてWebブラウザからファイルがアップロードされると,サーバにデータが送信されます。サーバが受信したデータは,一時ファイルとしてサーバ内の特定の領域に書き込まれ,その内容を含む各種のデータが$_FILESに収められます。この変数によって,表1のようなデータを参照することができます。

表1 $_FILES により受信できるデータ(nameattrは前述3.のname属性の値)

$_FILES['nameattr']['name'] ファイル名
$_FILES['nameattr']['size'] ファイル容量(バイト単位)
$_FILES['nameattr']['tmp_name'] サーバ上の一時ファイル名
$_FILES['nameattr']['error'] エラーコード

そして,$_FILES['nameattr']['error']で表されるによるエラーコードには,UPLOAD_ERR_OK(正常に終了)のほか,いくつかの種類があります。詳細はオンラインマニュアルを参照してください。

なお,複数のファイルを同時にアップロードする時は,リスト2に示すようにフィールドのname属性の値の末尾に[]をつけておき, PHPプログラム内でそれぞれのファイルについて参照するときは,$_FILES['picture']['name'][ 0 ]などとします。

リスト2 複数のファイルをアップロードするフィールドの例

画像1<input type="file" name="picture[]"><br>
画像2<input type="file" name="picture[]"><br>
画像3<input type="file" name="picture[]">

著者プロフィール

沖林正紀(おきばやしまさのり)

SE/プログラマを経て,WebアプリケーションやXMLなどについて雑誌記事や書籍の執筆活動を始める。大手メーカで製品資料の作成や,セミナーの講師を担当したこともある。現在は,取材記事や製品レビューなどに執筆活動の幅を広げる一方,プログラミング教材の開発も手がけている。

著書

コメント

コメントの記入