目指せ! Webアプリケーションエンジニア

第7回 サーブレットを作るための手順

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

前回の連載では,画面を作るための手順とMyEclipseビジュアルJSPデザイナーを使っての具体的な画面作成について学びました。今回は,アプリケーションの要であるサーブレットを作る方法について解説します。なお,前回予告したEJB作成については,次回解説します。

Bankサーブレットの概要

これから作るBankアプリケーションのサーブレット(Bankサーブレット)の仕様を押さえておきましょう。Bankサーブレットは図1で示すように,業務処理を行うEJBを呼び出したり,画面の表示を行うJSPを呼び出したり,アプリケーション全体をコントロールします。

図1 Bankサーブレットの処理概要

図1 Bankサーブレットの処理概要

ここで,作成するサーブレットの情報を表1のように決めておきます。

表1 サーブレットの情報

項目意味
サーブレット名サーブレットの名称BankServlet
ソースフォルダサーブレットのソースを格納するフォルダBank_Web/src
パッケージパッケージ名称bank.servlet
サーブレットマッピングURLサーブレットが処理するURLのパターンBankServlet

Bankサーブレットを作る

最初にサーブレットのひな形を作ります。手順は次のとおりです。

  1. Eclipseのメインメニューから[ファイル(F)][新規(N)][その他(O)]をクリックします
  2. 「新規」ダイアログが表示されるので,⁠MyEclipse][Web][サーブレット]を選択します
  3. 「新規サーブレット」ダイアログの「サーブレット・ウィザード」ページが表示されるので,表1で決めた値を設定します図2

図2

図2

  1. 「XMLウィザード」ページが表示されるので,サーブレットの情報をweb.xmlに反映するため,⁠web.xmlファイルの生成/マップ]をチェックします。各項目には,表1で決めた値を設定します図3

図3

図3

  1. [終了(E)]ボタンをクリックするとサーブレットのひな形とweb.xmlが更新されて,エディタエリアに表示されます

web.xmlとは

web.xmlは,Webアプリケーションの各種設定を行うためのファイルです。サーブレットの名前や,ブラウザがリクエストしたURLとそれを処理するサーブレットの対応などを記述する必要があります。図3で[web.xmlファイルの生成/マップ]をチェックしておくと,ウィザードで設定した内容が,web.xmlファイルに自動で反映されます。

画面との情報のやりとり

この例では業務画面からデータの入力があるので,送信にはPOSTリクエストを使用します。サーブレット側ではこれをdoPostメソッドで処理します。doPostメソッドは表2に示す2個の引数を持ちます。この引数で画面との情報をやりとりします。

表2 doPost/doGetメソッドの引数

説明
HttpServletRequest画面からの入力データが格納されているので,サーブレットはここからデータを取得する
HttpServletResponce画面に出力したいデータをここに格納する

なお,画面からのデータ入力がなく,単純にページを呼び出す場合はGETリクエストが使用されます。サーブレット側ではこれをdoGetメソッドで処理します。doGetメソッドもdoPostメソッドと同様,画面と情報をやりとりするための2個の引数を持っています。

EJBの呼び出し

EJBの呼び出しには,@EJBアノテーションを使用します。EJBにはインタフェースを通じてアクセスします。たとえばEJB名称が「BankEJB」⁠インタフェースクラスが「BankIF」の場合,BankEJBのメソッド「send(UserID, Money)」を呼び出すには次のようにします。

@EJB(name=" BankEJB")	…@EJBアノテーションを設定する
private BankIF bank;	…BankIF型のフィールドbankを定義する
bank.send(UserID, Money);	…bankを使用してsend(UserID, Money)を呼び出す

次回は,プログラムロジックであるEJBの作成について解説します。

ココがポイント

今回のポイントとなるのは,以下の用語です。これらの説明ができるようにしておきましょう。

  • サーブレットマッピングURL
  • web.xml
  • doPost/doGet
  • HttpServletRequest/HttpServletResponce
  • @EJBアノテーション

お勧めの本

Cosminexus 認定エンジニア合格教本

『Cosminexus 認定エンジニア合格教本』
株式会社日立製作所 監修,定価3,024円(本体2,880円)⁠技術評論社
978-4-7741-4188-6
Webアプリケーションサーバの動作原理や,アプリケーションの開発方法をCosminexusを例に詳しく解説。丁寧な解説,すぐ使えるシミュレータによる操作の体感,そして充実した模擬試験。入門資格の取得の近道です。
9/6(月)開催「Eclipse DemoCamps Helios 2010/Tokyo」
URL:http://wiki.eclipse.org/Eclipse_DemoCamps_Helios_2010/Tokyo
Cosminexusでホッと一息 ~Cafe Cosminexus
URL:http://www.cosminexus.com

著者プロフィール

友成文隆(ともなりふみたか)

株式会社日立製作所

http://www.hitachi.co.jp/cosminexus/

コメント

コメントの記入