書いて覚えるSwift入門

第11回 Swiftのオープンソース化

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

swift.isOpenSource == true

今回はProtocol Oriented Programmingを紹介する予定でしたが,ここで緊急のお知らせです。と言ってもこれが記事に反映されるのは1ヵ月以上先ではあるのですが注1),それを考慮しても予定を変更するだけの価値があるでしょう。Swiftにとってそれ自体のリリースの次に重要なニュースなのですから。

2015年12月3日(日本時間では翌4日),Swiftはオープンソースとして公開されました。

Swift is Open Source

  • [Swift.org] ‒ a site dedicated to the opensource Swift community
  • Public source code repositories at [github.com/apple]
  • A new Swift package manager project for easily sharing and building code
  • A Swift-native core libraries project with higher-level functionality above the standard library
  • Platform support for all Apple platforms as well as Linux

抄訳すると,次のとおりです。

  • オープンソースSwift専用サイト,[Swift.org]の開設図1

    図1 Swift.org

    図1 Swift.org

  • GitHubにおけるソースコード公開図2

  • Swiftパッケージマネージャープロジェクト開始

  • Swiftネイティブ標準ライブラリ以上の高機能ライブラリプロジェクト開始

  • すべてのAppleデバイスに加え,Linuxのサポート

クリスマスを待たずして,公約は果たされたわけです。

注1)
この連載は,Software Design 2016年2月号に掲載されたものです。

Swift on Linux:Getting Started

オープンソースとなった意義はこの後じっくり吟味するとして,まずは実際に試してみましょう。もちろんオープンソースだけあって,図2のWebページの解説に従ってソースからビルドしても良いのですが,引数なしのデフォルトのutils/build-scriptをそのまま実行すると,16GBのメモリ,64GB程度の空き容量が必要でした。仮想マシンだとちょっと荷が重い。-Rをつけてデバッギングシンボルなしのリリースビルドだとそこまでリソースは食わないのですが,幸いにしてビルド済みのbinary snapshotをAppleが用意してくれているので今回はそれを利用することにします。

用意するもの

64-bit版のUbuntu 14.04 LTSまたはUbuntu 15.10

いずれはもっと多くのプラットフォームでサポートさせるはずですが,執筆現在,Mac以外のプラットフォームで正式サポートされているのはLinuxそれもUbuntuだけです。とはいえオープンソースなプラットフォームとしては最も普及しているものでもあり,導入の敷居は低いでしょう。GUIは含まれていないのでデスクトップ版ではなくサーバ版でもかまいませんし,仮想マシンでもかまいません。筆者はVMware FusionでRAM 2GB,仮想ディスク16GBの仮想マシンで動かしています。

clangのアップデート(14.04 LTSのみ)

Ubuntu 15.10では不要のようです。

$ sudo apt-get install clang-3.6
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/clang clang /usr/bin/clang-3.6 100
$ sudo update-alternatives --install /usr/bin/clang++ clang++ /usr/bin/clang++-3.6 100

ダウンロード

あとは,図2のWebページからLatest Development Snapshotをダウンロードし,適当なところに解凍すれば準備完了です。ここでは配布物全体を̃/swiftに置いています。全部で90MB弱。clangなどが含まれていないとはいえ,意外とコンパクトです。

$ wget https://swift.org/builds/ubuntu1404/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz
$ tar zxvf swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz
$ mv swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04 ̃/swift

なお,Tarballは執筆現在のものであり,本稿が読者の皆さんに届くころには変わっている可能性があるのでご注意を。

著者プロフィール

小飼弾(こがいだん)

1969年生まれ,東京都出身。元ライブドア取締役の肩書きよりも,最近はPokemon GOのガチトレーナーのほうが有名になりつつある……かもしれない永遠のエンジニアオヤジ。

活躍の場はIT業界だけでなく,サブカルからアカデミックまで多方面にわたり,ネットからの情報発信は気の向くまま毎日毎秒! https://twitter.com/dankogai,ニコニコチャンネルは,http://ch.nicovideo.jp/dankogai,blogはhttp://blog.livedoor.jp/dankogai/

当社刊行書籍は『小飼弾のアルファギークに逢ってきた』『小飼弾のコードなエッセイ』など。他にも著書多数。

コメント

コメントの記入