機能と技術からわかる!システム基盤の実力

第2回 サーバ仮想化の鍵を握る「アプリケーション視点」②アプリケーション視点からの仮想サーバ構築

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

第1回で述べたように,サーバ仮想化を導入して,業務システムを構築,運用するには,仮想化ソフトが対象としないアプリケーション周りの構築・運用作業が課題となります。 日立のCosminexus V8.5は,仮想化環境で必要な「アプリケーション視点での仮想化」に対応することで,シンプルで効率的な仮想化システムの構築・運用を実現しています。

「仮想サーバマネージャ」による仮想化管理

Cosminexus V8.5では,⁠仮想サーバマネージャ」を備え,仮想サーバやその上で実行されるアプリケーションの構築・運用を管理します。仮想サーバマネージャの一番の特徴は,同じ業務アプリケーションを実行する仮想サーバを「管理ユニット」という1つのグループとして扱うことです。

サーバ仮想化の環境では,性能と可用性を確保するため,業務アプリケーションは複数の仮想サーバにスケールアウトされて配置されます。そのため,実運用で必要となるのは,仮想サーバの業務アプリケーションごとの構築・運用の容易性です。⁠管理ユニット」という考え方がこの課題を解決します。

図1 仮想サーバマネージャによる仮想サーバ運用管理

図1 仮想サーバマネージャによる仮想サーバ運用管理

図1は仮想サーバマネージャの働きを示したものです。仮想サーバマネージャにより,⁠管理対象マシン」である物理マシン上に,⁠管理ユニット」に対応した仮想サーバを構築・運用できます。

アプリケーション視点での仮想サーバ構築

仮想サーバマネージャを使うと,OSだけでなくアプリケーションも含めた仮想サーバを「管理ユニット」単位で構築作業を行うことができます。このため,前回紹介した「仮想サーバの構築において,業務アプリケーションを含めた構築に手間がかかる」という課題を解決できます。

仮想サーバの一括構築

Cosminexus V8.5では,管理ユニットごとに業務アプリケーションを含めたすべての構築作業を一括して行うことができます。VMwareなどの仮想化ソフトと連携して,一括構築を可能にしています。

図2 CosminexusV8.5の仮想サーバ構築

図2 CosminexusV8.5の仮想サーバ構築

仮想サーバの一括構築のサポートにより,以下の2点を可能にし,構築上の課題を解決します。

①構築作業の自動化・並列化による時間短縮
従来のように仮想サーバをコピーした後に仮想サーバごとにアプリケーションをデプロイするのではなく,あらかじめ仮想サーバにアプリケーションをデプロイしておき,それを自動的にコピーすることで,デプロイの時間を短縮します。また,全ての仮想サーバの設定やロードバランサの設定を自動的に並列して行うことで,設定の時間を短縮します(図3)⁠
②構築作業の自動化によるミス低減
従来,手動で実施していた設定作業を一括して自動的に設定可能なので,設定漏れなどのミスを防ぐことができます。

図3 構築作業の短縮

図3 構築作業の短縮

コメント

コメントの記入