機能と技術からわかる!システム基盤の実力

第3回 サーバ仮想化の鍵を握る「アプリケーション視点」③アプリケーション視点での仮想サーバ運用

この記事を読むのに必要な時間:およそ 1 分

第2回に続き,日立のCosminexus V8.5の「アプリケーション視点での仮想化」機能を使って,仮想環境における運用操作の問題を解決する方法を見ていきます。

仮想サーバ運用をシンプル化

Cosminexus V8.5では,同じ業務アプリケーションを実行する仮想サーバを「管理ユニット」という1つのグループとして扱います。業務アプリケーションを指定するだけで,仮想サーバの起動/停止/更新などの運用操作を一括して行うことが可能になります。

具体的には,次のような運用上の問題を改善できます。

アプリケーション更新時の作業負荷やミスを低減
サービスを止めずに業務アプリケーションを更新(ローリングアップデート)する際に,該当の仮想サーバに対するデプロイ,アプリケーションの起動/停止,ロードバランサの設定といった一連の操作を,すべて自動で一括して実行できます。作業の負荷や手作業によるミスを低減できます。⁠図1)⁠

図1 ローリングアップデートの一括実行

図1 ローリングアップデートの一括実行

スムーズな障害対応
物理サーバ/仮想サーバ/業務アプリケーションの関連を一元管理できるため,障害が発生した場合も,対策すべき範囲がすぐわかり,スムーズに対応できます。

コメント

コメントの記入