機能と技術からわかる!システム基盤の実力

第7回 ユーザ視点でWebシステムのユーザビリティを探る「応答性能モニタリング技術」②クライアント性能モニタ機能で問題解決

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

Cosminexusでは,Webアプリケーションの操作に掛かった時間をユーザ視点で測定・取得し,その結果を分析する「クライアント性能モニタ機能」を提供しています。ユーザのWebアプリケーションの操作に掛かった時間を自動的に測定・取得でき,取得した時間はWebブラウザから確認できるため,処理時間の分析がしやすくなります。

今回はこのクライアント性能モニタの機能,仕組み,および実際の使用例について説明します。

Webアプリケーションの応答性能の測定・取得

クライアント性能モニタ機能は,ユーザがWebブラウザを使ってWebアプリケーションを操作する時間を測定・取得するための機能です。ユーザがWebアプリケーションを操作している間に,性能データの測定・取得を自動で実施することができます。このとき,測定用のツールを別途追加する必要はありません。

クライアント性能モニタ機能を使って測定・取得できる時間を図1表1に示します。

図1 クライアント性能モニタ機能を使って測定・取得できる時間

図1 クライアント性能モニタ機能を使って測定・取得できる時間

表1 図1の用語説明

処理時間説明
通信時間Webブラウザがアプリケーションサーバに対してリクエストを送信してから,レスポンスを受けて画面の描画を開始するまでの時間
描画時間Webブラウザが画面の描画を開始してから,描画が完了するまでの時間
応答時間Webブラウザがリクエストを送信してから,次の操作ができるようになるまでの時間。通信時間と描画時間の合計に当たります。
操作時間画面の描画が完了したあと,次の操作を実行するまでの時間。次の操作とは,アプリケーションサーバに次のリクエストを送信する,Webブラウザを閉じるなどの操作を指します。

クライアント性能モニタ機能によって取得されたこれらの時間は,測定結果としてクライアント側に保存されます。

Webアプリケーションの応答性能の表示

クライアント性能モニタ機能で取得した測定結果は,応答性能を評価するための性能データとして使用します。性能データは,クライアント性能モニタ機能で提供するWebページ(モニタページ)で確認できます。モニタページでは1アクセスに掛かった時間や Webページごとのアクセス情報などを一覧で表示します。ユーザは表示される情報を使用して Webアプリケーションの応答性能を分析します。

モニタページに表示できる応答性能の情報を次に示します。

①アクセスごとの応答性能

応答性能の測定値をアクセスごとに表示できます。測定結果は図2のように表示されます。アクセスごとに,アクセス時刻,アクセス先URL,応答性能の測定値(処理ごとの測定値,操作時間)などが表示されます。

図2 モニタページでのアクセスごとの応答性能情報の表示

図2 モニタページでのアクセスごとの応答性能情報の表示

②Webページごとの応答性能の表示

Webページごとに応答性能の統計値を表示できます。これにより,Webページごとのアクセスの傾向やアクセスごとの応答性能のばらつきを把握できます。また,処理に時間が掛かるページや画面遷移に問題があるページの特定もできます。

統計結果は,図3のように表示されます。Webページの URLごとに,アクセス回数,応答性能の統計値(処理ごとの最小値,最大値,平均値)⁠操作時間の統計値が表示されます。

図3 Webページごとの応答性能情報の表示

画像

クライアント性能モニタ機能の仕組み

クライアント性能モニタ機能は,Javaのサーブレットフィルタの形で提供され,クライアント性能フィルタと呼びます。このフィルタは,あらかじめWebアプリケーションの定義ファイル(web.xml)に設定を記述するだけで使用できます。また,定義ファイル(web.xml)にしきい値を設定しておくことで,処理時間の異常値を検出し,モニタページで表示できます。

クライアントからのリクエストを取得すると,クライアント性能フィルタは応答性能やログ保存に使うコード(クライアント性能スクリプト)を生成します。生成されたコードはレスポンスに自動的に挿入され,クライアントに送信されます。送信されたコードは,クライアントマシン上で実行されます。

図4 クライアント性能モニタ機能の仕組み

画像

コメント

コメントの記入