機能と技術からわかる!システム基盤の実力

第15回 業務上のノウハウを手軽に共有できる「uCosminexus Navigation Platform」

この記事を読むのに必要な時間:およそ 2 分

フローチャートで業務手順を見える化

各種申請や受発注処理,あるいはシステム運用など,一定の手順に従って進めていく業務では,具体的な手順をマニュアルとして整備し,共有することが作業の効率化につながります。ただ実際にマニュアルを制作しようとすると,内容によって手順が異なるため記述が複雑になってしまう,あるいは紙ベースのマニュアルではシステムの使い方を十分に伝えられないといった問題が起こりがちです。

そこでぜひ活用したいのが,日立製作所から提供されている「uCosminexus Navigation Platform」です。同社が無償で定期開催している「オープンミドルウェアセミナー」のuCosminexus Navigation Platform講座の受講を通じ,製品の特徴や魅力を紹介していきます。

uCosminexus Navigation Platformは,さまざまな業務の手順を「見える化」できるソリューションです。図1に示すように,業務をフローチャートとして表現することにより,作業者に対して「次に何をするべきか」をわかりやすく伝えられます。こうして作成したフローチャートにはWebブラウザを使ってアクセスするため,環境を問わずに気軽に利用できるのも大きな魅力でしょう。

図1 uCosminexus Navigation Platformの利用画面

図1 uCosminexus Navigation Platformの利用画面

さらにフローチャートのそれぞれの項目には,対応するガイダンスを表示することができます。たとえば,図1ではフローチャート上の「障害対策の実施」という手順に対して,それに対応するガイダンスの中で具体的な実施方法を画面右側で解説しています。

Webブラウザを使って手軽にフローチャートを作成可能

特徴として挙げられるのは,直感的に操作できるコンテンツ編集環境が用意されている点です。プログラミングの知識も不要であり,手軽に業務手順をフローチャートに落とし込むことができます。

作成したフローチャートの修正も手軽に行えるため,⁠この手順がわかりづらい」⁠この部分についてもっと詳細な説明がほしい」など,実際に運用する中で出てきた意見を即座にフローチャートやガイダンスに盛り込み,内容を改善していくことができます。

外部システムと容易に連携できる点も見逃せません。ガイダンス中に入力フォームを設け,ユーザが入力した内容を外部システムに送信できるほか,プラグインを利用して多様な外部システムと連携するといったことができます。たとえばデータベースと連携することにより,ガイダンス中の入力フォームにエラーコードを入力すると,それに対応する詳細なエラー内容を自動的に表示するといったしくみを構築できます図2)⁠

また,Webブラウザをベースとしていますので,ほかのWebサーバのリンクを表示したり,あるいは外部のWebサイトの内容を取り込んで表示するといったことも当然可能です。

図2 エラーコードを使ってデータベースを検索し,対応するメッセージを表示した様子

図2 エラーコードを使ってデータベースを検索し,対応するメッセージを表示した様子

ドラッグ&ドロップでフローチャートを作成

では,実際にフローチャートおよびガイダンスの作成の流れを見ていきましょう。uCosminexus Navigation Platformではコンテンツの作成画面もWebアプリケーションとして実現されています図3)⁠まずWebブラウザを使ってシステムにログインし,画面上の「編集開始」ボタンをクリックして作業を開始します。

図3 コンテンツ作成画面

図3 コンテンツ作成画面

フローチャートの作成は極めて簡単です。フローチャートのノードを構成する部品がまとめられた「Flowパレット」から,ターミナルノードとプロセスノード,分岐合流ノードのいずれかを選択し,画面左側の業務フロー領域にドラッグ&ドロップします。なお,ターミナルノードはフローチャートの始点/終点を表し,プロセスノードは各々の手順を示します。さらに分岐,あるいは枝分かれしたフローを合流させるのが分岐合流ノードです。

こうして配置した各ノードの上下左右には,青い点が表示されています。これを別のノードまでドラッグすると,2つのノードが線で結ばれます図4)⁠さらにプロセスノードに対し,表示するテキストの内容を設定していけばフローチャートができあがります。

図4 青い点をドラッグしてノードを結合する様子

図4 青い点をドラッグしてノードを結合する様子

コメント

コメントの記入