新人注目! テストを極める最初の一歩

第1回 最初の仕事にとまどっていませんか?

この記事を読むのに必要な時間:およそ 3 分

プロローグ ~ある新人配属当日の光景~

新人研修も終わり,晴れて配属となったA君。不安と期待を胸に職場のドアを開けました。

  • A君「Aです!はじめまして!」
  • M先輩「私が君の教育担当となるMだ,頑張ってな。」
  • A君「はい!」
  • M先輩「じゃぁ早速だけれど簡単な仕事をやってもらおうかな?」

(うわー,早速プログラムを作れるんだ!)

A君は期待に胸を膨らませながら先輩の次の一言を待ちました。

  • M先輩「仕事に取りかかる前に,プロジェクトについて説明しよう。このプロジェクトは○×社様向けのソフトウェアを作っているんだ。ちょうど先週からテスト工程に入ったところだ。Aさんにもテストをやってもらおうと思っている
  • A君「え,プログラム作るんじゃないんですか?」
  • M先輩「まぁ配属されたばかりだし,ちょうど人手が足りなくてね。ここにテスト手順書があるから,このとおりにテストやってくれれば大丈夫だから。この部署の雰囲気になれるためにも,ひとつよろしく頼むよ」

(新人研修でテストなんかやっていないよ!)

A君の不安をよそに,先輩は自席に戻りソフトウェア仕様書と書かれた何枚かの紙を持ってきました。

  • M先輩「これが仕様書ね。テストはこのマシンを使って。」
  • M先輩「じゃぁ,俺は自席で仕事してるから,テストが終わったら声をかけてよ。」

期待に胸を膨らませて職場に来たA君は途方にくれてしまいました。なぜなら,A君はプログラミングは学校で勉強したものの,テストは勉強したことがありません。新人研修でも詳しくやることはありませんでした。

  • A君「先輩は簡単だって言ったけれど,テストってどうやればいいんだろう…」

A君は立ち尽くすしかありませんでした。


さて,A君はいきなり途方にくれてしまいましたが,同じような経験をした読者の方もいるのではないでしょうか?

国内の開発現場においては,新人の現場配属時の最初の仕事として,テストのお手伝いを指示されることが多いようです。プログラムが書けると思って期待していたらテストの手伝いだったため,勝手が違ってしまい仕事のミスをしてしまう人もいます。この最初の仕事で大きなミスをしてしまうと職場からの印象が悪くなってしまい,将来やりたかった仕事にまで影響してしまうかもしれません。

そんなことにならないように,第1回は,新人がおろそかにしがちな準備・確認事項・心構えについて,最低限押さえなければならないポイントを解説していきます。

テスト実施前に確認すべきこと

テストは作業,つまり仕事です。

テストを仕事として捉えたときに,最低限確認しなければならないことを押さえる必要があります。また,当然のことながらテストについて確認しなければならないこともあります。これらについて,ポイントをいくつか挙げてみましょう。

仕事について

仕事にかかわる人を確認する

仕事の中の作業を行うときは一人かもしれませんが,仕事は報告や相談など他の人と協力や協調して行わなければなりません。この時期は,仕事の経験がない新人にとってはまだまだ知らないことばかりです。誰かに質問や相談することが非常に多いですし,頻繁な作業報告を求められることもあります。

つまり,適切な「報・連・相」(報告・連絡・相談)を行うために,自分を取り巻く指揮命令系統を知る必要があります。

プロジェクトにはたいてい組織図や体制表といったものがあります。それを見せてもらい,自分がどのような人と仕事をしているのかを確認しておくことが重要です。要は,組織における自分の立ち位置を確認するということです。

  • 相談は誰に行うのか
  • 報告は誰に行うのか

まずは最低限,この2つを押さえておきましょう。

それから,報・連・相はエンジニアとしての基本動作でもあります。職場に慣れておらず,話しかけるのを遠慮してしまいそうな人は,とくに意識をしておく必要があります。

与えられたテストという作業の狙いをつかむ

新人の最初の仕事としてテストが与えられる場合,おもなものとして次の3つのケースが考えられます。

  1. テストは新人でもできる仕事だから,人でも足りないし手伝わせよう
  2. 開発しているソフトウェアを知らないのに,いきなりプログラムが書けるわけがない。テストを手伝ってもらうことで,ソフトウェアを勉強してもらおう
  3. プログラミングしたものは必ずテストされる必要がある。学校での勉強が足りないテストを担当させることで,テストのスキルを上げ,開発作業に活かしてもらおう

先輩がやれといったからやるのではなく,どのような意図を持っているのかを確認する必要があります。仕事の指示を出した人が何を期待しているのかを知らなくては,よい仕事はできません。この仕事にとんな意味があって,自分はどういった結果を出さなくてはならないのかをしっかりと認識しましょう。不安なうちは,早め早めに相談して,目的や意図を見失わないように心がけることが大切です。

なれないうちは,A4の紙に目的(意図)・手段・結果を大きく書いて自分の近くに張っておくのもよいでしょう。

さて,この中で1番目の意図の場合は注意する必要があります。なにぶん先輩がテストという仕事を軽んじていますから,新人が期待しているような支援はあまり得られないかもしれません。このようなときは,テスト技術を自由に学べる良い機会が与えられたと前向きに考えるとよいでしょう。テスト技術については,この連載記事の中でおいおい紹介していきます。

著者プロフィール

鈴木三紀夫(すずき みきお)

1992年,(株)東洋情報システム(現TIS(株))に入社。複数のエンタープライズ系システムの開発に携わり,現在は社内のソフトウェアテストに関するコンサルタントとして活動中。ASTER理事,JaSST実行委員,JSTQB技術委員,SQiPステアリング委員 他。

著書


池田暁(いけだ あきら)

2002年日立通信システム(現日立情報通信エンジニアリング)に入社。設計,ソフトウェア品質保証業務を経て,現在は開発に関する設計/テストツールの導入や,プロセス改善に関する業務に従事。ASTER理事,JaSST実行委員,品質管理学会・ACM正会員。

著書

コメント

コメントの記入